医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

東芝のイメージセンサ製品戦略

2014年08月29日 PM04:50
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) – 東芝は、BSI(裏面照射型イメージセンサ)技術や、高感度・高速化を実現する技術をベースに、成長を遂げている中国スマートフォンメーカーへの拡販に加え、市場伸長していく車載・医療向けイメージセンサの開発・拡販に注力していきます。現在のイメージセンサ市場は、スマートフォン向けやデジタルカメラ向けを中心とした約8,000億円市場注1ですが、今後、既存用途向けの更なる高性能化に加え、車載向けの拡大など、更なる伸長が予測されます。

□スマートフォン向けセンサ

現在のスマートフォンに搭載されるメインカメラに使用されるイメージセンサのボリュームゾーンは800万画素や1,300万画素であり、東芝は、HDR注2・Bright Mode注3など高感度画像処理技術を搭載した製品を顧客へ提供しています。また、ハイエンド向けとして2,000万画素の製品も開発しました。今後、更に顧客のニーズに合わせ、コスト競争力のある製品も開発していきます。

□車載用センサ

現在はビューカメラ用センサを販売していますが、今後伸長が予測されるはセンシング用センサに向けて、東芝では、オリジナルHDRを搭載した車載向けイメージセンサを開発し、自社の車載向け画像認識LSI ViscontiTMとのシステム提案を行うことで、国内顧客だけでなく、海外向けも売上を拡大します。

□医療用センサ

東芝のヘルスケア事業のひとつとしてCapsoVision社(CV社)への出資・CV社製カプセル内視鏡に関する提携を行いました。現在CV社製カプセル内視鏡に搭載するイメージセンサを開発しております。また、カテーテルや内視鏡向けセンサにも参入を検討しております。

以上

注1:当社推定

注2:HDR (High Dynamic Range) とは、明暗コントラスト比が高い被写体において、明暗階調を広げて被写体を自然に映し出す機能です。東芝は、静止画だけでなく、動画でも、明暗コントラスト比が高い場所を自然に撮影することができるHDRを開発しました。HDR合成によるぶれや偽色の発生を押さえ、なめらかで色鮮やかな動画撮影を実現しました。

注3:ブライトモード(Bright Mode)とは、明るい高速動画撮影を実現する技術です。通常モードと比較して、最大4倍明るい動画を撮影することが可能です。さらに、インターレース形式を採用することにより、フルハイビジョンで毎秒240フレーム相当の高速動画撮影を実現しました。当社は、なめらかなスロー動画再生など、高速動画用途に必要な高画質動画技術を提供します。

* Viscontiは東芝の登録商標です。

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20140829005090/ja/

CONTACT

【お問い合わせ先】
株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社 企画部 広報・IR担当
玄地 恵/山路 航太
Tel:03-3457-3576
E-mail:
semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent