医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

創薬研究と医薬品開発の生産性向上を実現する総合的ソリューション「D360」の日本での販売開始について

2014年08月04日 AM08:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京およびミズーリ州セントルイス

(ビジネスワイヤ)–最先端の科学技術に基づく医薬品開発および医薬品安全性コンサルティングの世界的リーダーであるサターラ(Certara®)は、創薬研究および医薬品開発におけるデータの検索、解析および視覚化を支援する総合的ソリューションである「D360」の日本における販売開始を本日発表しました。

現在、D360は、製薬企業の創薬研究者や前臨床研究者を中心に活用されています。このソリューションによって研究者は、データの検索・解析・共有の際にIT部門の支援を必要とする頻度が減り、結果的には医薬品の創出サイクルの短縮が可能になります。

前臨床研究においては、規制当局からの照会事項に回答する際に過去の試験データを参照しますが、複数の試験報告書を手作業で閲覧する必要があることが多いため、回答の準備に数日間から数週間かかる場合があります。しかし、D360を活用すれば、研究者は必要となる複数の試験に関連するデータビューを数分で表示できるため、規制当局の照会事項に対して即座に回答を提出し、承認の遅延によるコストの増大や進行中の作業の中断を回避することが可能になります。

創薬研究においては、研究者はD360を活用することにより、プロジェクトに関連する全てのデータの包括的なビューを表示できます。このデータビューでは、研究者はボタンをクリックするだけで、社内標準に準拠した研究業務に関するデータの要約を容易に実行できます。さらに、データ収集に関わる煩雑な作業が自動化によって大幅に軽減されるため、プロジェクトミーティングにおける意思決定がより効率的になります。D360では、データ表示の一貫性が保持されるため、データの収集方法に関する議論を最小限で済ませられます。また、収集されたデータを掘り下げ、追加のクエリーを適用させることができるため、意思決定の根拠となる情報がその場で得られます。

サターラの最高経営責任者(CEO)であるエドムンド ムニス(Edmundo Muniz)は、次のように述べています。「我々は、自信を持って日本の市場にD360をお届けします。D360は、創薬研究から医薬品開発の過程で得られるデータに対するアクセスおよび解析のソリューションとして、既に高い評価と信頼を得ています。製薬企業やバイオテクノロジー企業の研究者は、D360を通して必要なデータにオンデマンドでアクセスし、最適な形式で表示させることにより、医薬品開発の継続・中止の判断までの時間を短縮し、さらにはその判断の精度を向上させることができます。」

D360は、製薬企業の上位15社中6社を含む、あらゆる事業規模のライフサイエンス系研究組織で既に導入されています。D360は、ファイザー、ベーリンガー・インゲルハイム、メディビア・エー・ビー(Medivir AB)、プレックシコン(Plexxikon)およびアジオス(Agios)等のお客様に活用されています。D360を利用することで、これらのお客様は、創薬研究者向けのプロジェクトデータビューへの1クリックアクセスや、分子デザインや仮説検証に対するアドホックなクエリー、リアルタイムでの前臨床試験のモニタリング、さらには複数試験に渡る前臨床データの解析等、様々な面で生産性の改善を実現しています。

サターラは現在、日本の製薬企業上位20社全てを含む、200社を超える日本のお客様との取引があります。D360の導入およびサポートはサターラ合同会社が中心となって対応します。また、本年の9月24日にはサターラ合同会社主催セミナー「D360によるトランスレーショナルサイエンスの最先端」が都内で開催され、創薬研究や医薬品開発研究におけるD360の活用事例が紹介される予定です。

サターラについて

サターラは、最新技術による医薬品開発および医薬品安全性コンサルティングの世界的リーディング企業です。サターラのお客様には、各国の規制当局に加えて、数100社におよぶ世界中の医薬品企業が含まれています。サターラのソリューションは医薬品開発の創薬、前臨床および臨床の各フェーズを網羅しており、データ主導型の意思決定を可能にし、臨床試験デザインの精度を高めることにより、試験の成功確率を上げ、被験者の安全性を向上させます。詳細については、www.certara.co.jpを参照してください。

CONTACT

本件に関するサターラの問い合わせ先:
日本
永田 未来
エンタープライズ
セールスディレクター
サターラ合同会社 電話番号: 050-3786-9898
japan.sales@certara.com
米国
Teresa
A. Bradford 電話番号(米国内): 919-852-4644
マーケティング シニアディレクター
teresa.bradford@certara.com
または
本件に関するメディアの問い合わせ先:
Lisa
Osborne 電話番号(米国内): 206-992-5245
Rana Healthcare Solutions
lisa@ranahealth.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表