医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」10月7日開幕、開催概要決定!

2014年07月18日 PM02:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ:会長 佐々木 則夫/株式会社東芝 取締役副会長)、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:会長 山本 正已/富士通株式会社 代表取締役社長)、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ:会長 荻原 紀男/株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役社長)の3団体で構成するCEATEC JAPAN実施協議会は、2014年10月7日(火)から10月11日(土)までの5日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で、最先端IT・エレクトロニクス総合展『CEATEC JAPAN 2014』を開催します。

CEATEC JAPANは、世界最先端の技術・製品・サービスが一堂に会し、国内外の業界関係者をはじめとして幅広いユーザに情報を提供する、IT・エレクトロニクスの総合展示会です。

開催テーマ 『NEXT -夢を生みだし、未来を描け』

CEATEC JAPAN 2014は、『NEXT -夢を生みだし、未来を描け』(英:Next -Technology Makes the Future)をテーマに、IT・エレクトロニクス産業の幅広い分野における最先端技術とイノベーションを集結し、IT・エレクトロニクスの展望・未来・可能性を描きます。

また、医療・ヘルスケア、自動車、エネルギーなどの他分野との連携や市場の垣根を越えた融合により、新たなビジネス機会を創出します。未来のための新たなビジネス機会の創出こそがCEATEC JAPANの使命であり、新しい『NEXT』につながる原動力に他なりません。

夢とビジネス機会を創出する2つのステージと新たな社会モデルのビジョンを提案する特別企画展示「NEXTイノベーションプラザ」

展示会場はIT・エレクトロニクス産業の川上から川下までの幅広い領域の最新動向と将来の夢を幅広く社会に訴えるべく、2つの展示ステージと次のトレンドを見極めた特別企画展示で構成しております。

①ライフ&ソサエティ ステージ

明日の暮らしと社会システムを支える最先端技術を幅広く展示・紹介するライフ&ソサエティ ステージでは、次世代映像技術や、スマートフォン、ウエアラブルなどの最新モバイルコミュニケーションや次世代無線通信、家とエネルギーと家電をつなぎ制御するHEMSやV2H(Vehicle to Home)、家庭用蓄電システム、スマート家電、スマートシティを支えるエネルギーマネジメント、ICTの利活用を促進するクラウドサービス、ユーザビリティの向上やセキュリティに不可欠な認証ソリューションなど、人々の生活をより豊かに、より快適にする技術、製品、サービスなどの出展を見込んでいます。

②キーテクノロジ ステージ

さまざまな分野のイノベーションを支える世界最先端の電子部品・デバイス・材料・装置などを展示・紹介するキーテクノロジ ステージでは、社会インフラを支える省エネ・蓄エネ・創エネ技術、自動車の電装化や製品機能をコントロールするセンシングデバイス、電気自動車(EV)などの進化を牽引する先進車載部品、スマートフォンやウエアラブルデバイスなどの小型化やエネルギー効率向上を支えるキーデバイス、安全で快適に様々な機器を操作できる入力デバイス、医療・福祉機器向け各種デバイスなど、世界最先端の高機能電子部品などの出展を見込んでいます。

③特別企画展示「NEXTイノベーションプラザ」

“スマート”化が実現した、エレクトロニクスと情報通信技術によるプラットフォームづくり。その先にある新たな社会モデルのビジョンを「NEXTイノベーションプラザ」で提案します。次世代自動車やセーフティテクノロジー、各種ウエアラブルデバイス、生活支援ロボット、クラウド、各種ソフトウェアなど、IT・エレクトロニクスと各業界の連携により見えてくる、近未来のさまざまなイノベーションの成果を展示ブースとオープンステージなどで紹介します。

キーノートスピーチおよび「NEXTイノベーションプラザ」と連動したコンファレンス

開催初日の10月7日(火)は、株式会社東芝 取締役副会長 佐々木 則夫氏、富士通株式会社 代表取締役社長 山本 正已氏、株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役社長 荻原 紀男氏によるキーノートスピーチを実施します。以降、10月10日(金)まで「NEXTイノベーションプラザ」と連動した、ウエアラブル、ロボティクス、ソフトウェア&コンテンツ、モビリティなどのキーワードに沿って、キーパーソンが連日講演を行います。

革新的なベンチャーや大学発のテクノロジを集結

今回より新たにIT・エレクトロニクスに関連する製品・技術・サービスを開発・提供しているベンチャー企業の活動をサポートする、「ベンチャーエリア」を創設します。「ベンチャーエリア」には、ベンチャーならではの革新的なテクノロジを集結させ、普段接することが少ないベンチャーが、最新情報をいち早く紹介します。

また、大学研究機関と産業界の連携、情報交換の機会を提供する「ユニバーシティエリア」をベンチャーエリアに併設し、日本発、大学、ベンチャー企業の活動を広くサポートします。

技術者交流イベントを開催

IT・エレクトロニクス産業の幅広い領域の製品、サービス、コンテンツの研究・開発を行っているキーエンジニアが集う貴重な場であるCEATEC JAPANの特性を活かし、研究、開発に携わるキーエンジニアの交流を深め、新たなビジネス機会の創出を目的とした企画を実施します。IT・エレクトロニクスを専門的に取り扱う有識者がツアーガイドとして各社の技術紹介・質疑応答をサポートするガイドツアーを実施します。また、技術者の交流の場を作るだけでなく、来場者、出展者の立場を超えて技術者が考え、交流するコミュニケーションイベントを予定しています。

総務大臣賞、経済産業大臣賞を授与!「CEATEC AWARD」

IT・エレクトロニクス産業の発展と市場創造への貢献を目指し、出展品の中から、特に優れたイノベーション力を発揮すると評価される技術・製品・サービス・システムなどを表彰します。昨年に引き続き、総務大臣賞、経済産業大臣賞の授与が予定されているとともに、4部門構成でグランプリを選考します。

【部門構成】:   ライフスタイル・イノベーション部門、ソーシャル・イノベーション部門、
テクノロジ・イノベーション部門、グリーン・イノベーション部門
【大臣賞発表・表彰式】   10月7日(火) 正午 オープニングレセプション内(ホテルニューオータニ幕張)

【 部 門 賞 発 表 】

10月8日(水) 午前10時 幕張メッセおよびWebサイト

【   表   彰   】

10月9日(木) 午前10時 幕張メッセ
 

会長記者会見および報道関係者向け特別限定公開「メディアコンベンション」の開催

10月6日(月)午後3時より、当協議会佐々木会長が記者会見を、CEATEC JAPAN2014会場内で開催し、開催直前の発表を行います。また、記者会見終了後の午後4時~午後6時に「メディアコンベンション(報道関係者向けの公開時間)」を開催しますので、各社の新製品や見どころなどを、すぐに会場で取材いただけます。同日プレスセンターも同時に開設しますので、取材後にご利用いだけます。

■入場事前登録および公式Website

7月18日(金)より、公式Websiteにて入場事前登録とキーノートスピーチの聴講予約の受付を開始します。事前に入場登録をしていただくことにより、入場が無料となります。
最新情報、詳細は、下記CEATEC JAPAN公式Websiteをご確認ください。
http://www.ceatec.com

以 上

■オンラインプレス事前登録

7月18日(金)~9月17日(水)の期間にオンラインプレス登録していただいた方々には、事前の情報提供や各種サービスをご提供するとともに、会場にスムーズに入場いただける『プレス証』を事前にお送りします。

CONTACT

【本件に関するお問い合わせ先】
CEATEC JAPAN運営事務局(一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会)
担当:
鳥飼 浩平
TEL: 03-6212-5233
E-mail: press2014@ceatec.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent