医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

がん個別化治療を推進するWINコンソーシアムがWIN2014シンポジウムで新たに6組織を会員として迎える

2014年07月07日 PM06:00
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

仏ビルジュイフ

(ビジネスワイヤ) — がん個別化治療を推進するワールドワイド・イノベーティブ・ネットワーク(WIN)コンソーシアムは、6月23~24日にフランスのパリで開催されたWIN2014シンポジウムにて、6つの組織が新たにWINコンソーシアムの会員として認められたことを発表します。コンソーシアムに加入したのは、アサン医療センター(韓国)、ケンブリッジがんセンター(英国)、キャンサー・リサーチUK(英国)、対がんCEOラウンドテーブル(米国)、ジェファーソン大学キンメルがんセンター(米国)、メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター(米国)です。

WINコンソーシアムは、ヘルスケア分野の一流組織から構成されるグローバルなコラボレーションで、がん個別化治療における発見を世界各国で患者の臨床ケアの標準へと迅速に橋渡しするという共通の使命を軸に、団結しています。

WINコンソーシアム会長のDr.ジョン・メンデルゾーンは、次のように述べています。「これらの組織がWINに加入するのは大きな喜びです。加入した各組織は大きな能力と経験をもたらしてくれますが、それらはがん個別化治療の推進を通じ、世界各国のがん患者の生活に影響を与えるという、WINが共有する能力を高める上で、非常に貴重なものとなります。」

WINコンソーシアムには現在、16カ国と4大陸を代表する形で学術・産業・非営利の各分野から39の一流組織が加入し、情報を共有するとともに、ゲノムがん治療とバイオマーカーを重視したがん治療における発見と大幅な進歩の検証を目的に、世界規模の多施設臨床試験と科学プロジェクトを共同で実施しています。

キャンサー・リサーチUKケンブリッジ研究所のがん医学教授兼シニアグループリーダーであるCarlos Caldas教授は、次のように述べています。「ケンブリッジがんセンターとケンブリッジ大学は、革新的でグローバルな提携を通じ、科学および臨床に関する専門知識を応用し、がん患者の苦痛を予防・緩和することに真剣な努力を傾けています。WINコンソーシアムは、ヘルスケア環境を構成するすべての要素から科学・臨床スキルを独自に動員したものであり、がん個別化治療のアプローチをがん治療に導入し、試験する取り組みを推進すべく、活動に参加していきたいと思います。」

メモリアル・スローン・ケタリングがんセンターの臨床研究部門副医長であるポール・サッバティーニ医師は、次のように述べています。「私たちはメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターがWINグループに加入できたことをうれしく思います。同僚研究者らとの密接な連携には大いに期待しており、私たちの知的・科学的資源を組み合わせることで潜在力をフルに発揮して、患者の有効な治療法の発見を加速化できると確信しています。」

アサンがんセンターの理事長であるChang Sik Yu教授は、がん患者の生活を向上させるというWINの使命・展望・価値観をアサンがんセンターが共有していることに言及しました。「当センターはWINに加入することで、他の一流組織とともに画期的なグローバル臨床試験を促進し、がん個別化治療を前進させる機会が得られます。当センターはこの機会により、がんを克服するというこの世界的な活動に重要な貢献ができると期待しています。」

キャンサー・リサーチUKの層別化医療担当ディレクターであるイアン・ウオーカー博士は、次のように述べています。「がん個別化治療は、患者にとって最も有効な治療法を患者に合わせることで、がん患者の生活を変革できる力を持っています。キャンサー・リサーチUKは昨年、がん患者に個別化治療を提供するのに役立つ研究とインフラに4000万ポンド以上を費やしました。標的度を高めた標的治療へと私たちの研究成果を橋渡しする世界規模の活動に参加でき、私たちは感激しています。革新的なプロジェクトで協働することで進歩を加速し、あらゆるがんが治療可能となる日の到来を早めることが可能となります。」

テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター(米国)とギュスタフ・ルーシーがん研究所(フランス)のリーダーシップによって2010年に創設されたWINコンソーシアムは、パリに本部を置く非営利・非政府組織です。WINは、能力や使命がWINコンソーシアムのものと一致する組織から、加入についての問い合わせを歓迎します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

WIN Consortium
Catherine Bresson, +33(0) 142114020
Director,
WIN Operational Team
Catherine.bresson@winconsortium.org

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda and Seattle Genetics to Present Positive Data from Phase 3 ECHELON-1 Clinical Trial Evaluating ADCETRIS® (brentuximab vedotin) in Frontline Advanced Hodgkin Lymphoma
  • Herbalife Nutrition Hong Kong and Po Leung Kuk Set New World Record in Launching Healthy Active Lifestyle Mobile App
  • Median Technologies Inks a Research Collaboration Agreement for Lung Cancer Screening Programs With Xingtai People’s Hospital, Xingtai City, China
  • Genentech’s HEMLIBRA (emicizumab-kxwh) Every Four Weeks Controlled Bleeds in Phase III Study in Hemophilia A
  • Orthocell Commences Treatment of Its 1,000th Patient