医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

パスウェイ・ゲノミクスが、乳がん患者支援団体スーザン・G・コーメンのため資金調達イベントを共同開催

2014年06月20日 PM05:11
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンディエゴ

(ビジネスワイヤ) — 米サンディエゴに拠点を置き、CLIAおよびCAPの認定を受けて遺伝子検査サービスを世界規模で提供している臨床ラボラトリーのパスウェイ・ゲノミクス・コーポレーションは先週、スーザン・G・コーメンに貢献する資金調達イベントを共同開催しましたパスウェイ・トゥー・ザ・キュア(Pathway to the Cure)と題したイベントは、パスウェイ・ゲノミクスの創設者で最高経営責任者(CEO)のジム・プランテと、レラティビティのライアン・カバナーCEOがホストを務めました。カリフォルニア州サンタモニカで開かれた今回の資金集めでは、イベント参加者からの惜しみない寄付により、30万ドルを超す募金が集まりました。

プランテは次のように語っています。「当社はスーザン・G・コーメンと連携し、乳がんに対する意識啓発の拡大に貢献するとともに、この疾患との闘いにおいて可能な限り多くの女性を救おうと活動しています。当社の真摯な取り組みは命を救うためであり、最終的には乳がんを永遠に封じ込めるためです。」

今回のイベントでは、エイドリアン・グレニアーやソフィア・ブッシュなどの著名人が出席した夜のエンターテインメントに、DJゼン・フリーマンDJニッキ・ペニーが登場しました。また世界的に知られたアーティストで、「Tik Tok」や、ラッパーのピットブルとのコラボレーションで大変な人気を博した「ティンバー」などのヒット曲を持つケシャの音楽パフォーマンスも披露されました。

スーザン・G・コーメンの代表兼CEOを務めるジュディス・A・サレルノ(M.D.、M.S.)は、「類いまれな催しでした。レラティビティパスウェイ・ゲノミクスなど、支援者たちの真摯な取り組みと惜しみのなさに感謝します。これらの方々は、私たちがカリフォルニアを含む世界中で命を救う活動に貢献してくれる存在です」とコメントしました。

この資金調達イベントは、乳がん関連遺伝子BRCAなど、自然に存在する遺伝子に対する特許付与の禁止という全員一致の判決を米国連邦最高裁判所が下してから、1周年となる日に開かれました。プランテは次のように語っています。「私たちは、乳がんリスクを知るための遺伝子検査は誰もが持つ権利であり、巨大企業による法外な価格設定や独占は行われるべきでないと、固く信じています。パスウェイが行っているBRCA検査の価格および当社のBRCA One for Oneプログラムは、生命を救う可能性のある本検査を受ける経済的余裕がない人々に奉仕する献身的活動を証明するものです。」

パスウェイ・ゲノミクスは今月上旬、乳がん、卵巣がん、その他の種類のがんに関連のある遺伝子BRCA1およびBRCA2の変異を検出できるシーケンシングおよび欠失/重複解析の次世代検査サービスとして、BRCATrueTMの提供を開始しました。BRCATrueは>99.99%もの感度と、業界で最も広いBRCA1/2のカバレッジを有しています。この検査を多くの人が確実に利用できるよう、当社はこの種のものでは初となるBRCA One for OneTMプログラムを立ち上げました。BRCATrue検査の正規発注1件ごとに、無料の検査1件が患者支援団体を通じて検査を必要とする人にも提供されます。検査の無料提供は1000万ドル分を上限としています。

BRCATrueの詳細については、www.pathway.com/brcatrueをご覧ください。BRCA One for Oneプログラムの詳細については、www.brcaoneforone.comをご覧ください。

パスウェイ・ゲノミクス・コーポレーションについて

カリフォルニア州サンディエゴを拠点とし、臨床検査所改善法(CLIA)に基づく認定と米国病理学会(CAP)による認定を受けている臨床ラボであるパスウェイ・ゲノミクスは、健康とウェルネスを改善・維持するため、医師と患者に実用的で正確な遺伝子情報を提供しています。パスウェイ・ゲノミクスは2008年の創業以来、イノベーションへの専心と医学的責任を果たすための取り組みで知られており、当社は商業用遺伝子検査業界においてリーダー企業の地位を得るまでになっています。パスウェイ・ゲノミクスの検査サービスは、がんリスク心臓の健康遺伝性疾患栄養、運動応答性、さらには疼痛管理メンタルヘルスで使用される薬物など、特定の薬物に対する薬物応答性を含め、多様な疾患・状態を対象としています。パスウェイ・ゲノミクスの詳細については、www.pathway.comをご覧ください。

スーザン・G・コーメンについて

スーザン・G・コーメンは世界最大の乳がん患者支援団体です。他のどの非営利団体よりも多くの乳がん研究案件に資金援助すると同時に、この疾患を患っている患者に同時進行形の支援を提供しています。1982年の設立以来、コーメンは研究に8億ドル超の資金援助を行い、スクリーニング、啓発、治療、心理社会的支援の各プログラムの資金として17億ドルを提供して、世界30カ国以上、何百万人もの人々に奉仕しています。コーメンは、姉のスーザン・G・コーメンを乳がんで亡くし、乳がんを撲滅するとスーザンに約束したナンシー・G・ブリンカーによって設立されました。詳細についてはkomen.orgをご覧になるか、1-877 GO KOMENにお電話ください。フェイスブック(facebook.com/susangkomen)およびツイッター(@SusanGKomen)でも情報発信を行っています。

レラティビティについて

レラティビティ(relativitymedia.com)は次世代の世界的メディア企業として、映画、テレビ、ファッション、スポーツ、デジタル、音楽を含め、複数の領域でコンテンツの制作・配給に携わっています。レラティビティは、エンターテインメント関連ビジネスを集約しただけの存在ではなく、コンテンツの原動力として、これらの各事業部門を独自性と連携性を保って活用できる能力により、全媒体にわたってコンテンツを創出しており、世界中にいる数億のユーザーに欲しいものを欲しいときに届けています。

最も規模の大きな部門であるレラティビティ・スタジオは、200本を超す映画の制作・配給と仕組み金融業務に関わっており、世界における興行収入のうち170億ドル以上を生み出し、オスカー賞ノミネートは60作品に及びます。レラティビティによる映画作品には、「オクルス」、「セイフ・ヘイヴン」、「ネイビーシールズ(Act of Valor)」、「インモータルズ-神々の戦い-」、「リミットレス」、「ザ・ファイター」などがあります。さらに、「Earth to Echo」や、ニコラス・スパークス原作の「The Best of Me」が近く公開予定です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Pathway Genomics Corporation
Zak Pugh, 858-217-4358
pr@pathway.com
www.pathway.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表
  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作