医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

エリテックが独立取締役2人を新たに任命

2014年06月20日 PM03:34
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

仏リヨン

(ビジネスワイヤ) — 急性白血病および医療ニーズが満たされていないその他の腫瘍適応症を対象に革新的な「腫瘍飢餓化」治療薬の開発に当たっているフランスのバイオ製薬企業エリテック・ファーマ(Paris:ERYP)(Euronext Paris: FR0011471135 – ERYP)は、マーティン・ジョージ医師とヒルデ・ヴィンデルスを取締役会の独立取締役に任命したことを発表します。

マーティン・ジョージ(M.D)は、腫瘍分野の大企業と中小企業の両方で、臨床研究、メディカルアフェアーズ、規制関連業務を担当する幹部として、米国を拠点に豊富な経験を持っています。ジョージ医師は最近まで、ニューヨークでファイザーの腫瘍部門グローバルメディカルアフェアーズ担当バイスプレジデントを務めていました。ファイザーに勤める前は、プリンストンのGPCバイオテックで最高医学責任者(CMO)、ニュージャージーのジョンソン・エンド・ジョンソンで腫瘍担当ヘッドを歴任しています。マーティン・ジョージは腫瘍内科と婦人科の認定専門医で、フランスとモントリオールで研修を受けています。臨床医としてのキャリアは、ギュスタフ・ルーシー研究所(フランス)のサービスチーフおよびメモリアル・スローン・ケタリングがんセンター(ニューヨーク)の客員教授として開始しました。

ヒルデ・ヴィンデルスはコーポレートファイナンス、資本市場、戦略的イニシアチブの分野で20年以上の経験を持っています。ヴィンデルスはベルギーとスイスに拠点を置く分子診断・免疫診断企業ビオカルティスの最高財務責任者(CFO)を務めています。ビオカルティスに勤める前は1999年から2008年末までデフゲン(Euronext: DEVG)のCFO、2001年から2008年末までデフゲンの取締役を務めました。2009年前半から2011年半ばまでは非上場バイオテクノロジー企業数社の独立CFOを務め、2010年6月から2011年8月までMDXヘルス(Euronext: MDXH)の取締役会に身を置いていました。ヴィンデルスは以前、ベルギー地域の一部でINGのコマーシャルバンキングの責任者を務めていました。ヴィンデルスはルーベン大学(ベルギー)より経済学の学位を取得しています。

エリテック会長兼最高経営責任者(CEO)のGil Beyenは、次のように述べています。「当社にとって、これらの経験豊富な専門家を取締役会に迎え入れられるのは喜びであり、光栄なことです。腫瘍治療薬の開発と財務に関してそれぞれが持っている経験は、当社にとってこの重要な時期に大きな価値となるものです。当社リードプロダクトの第III相データが数カ月以内に揃う予定で、その他にも3件の臨床プログラムを欧州と米国で進めており、エリテックは希少腫瘍の分野で戦略的価値の構築に向け前進中です。

エリテックおよびERY-ASP/GRASPA®について:www.erytech.com

エリテックはがん患者、特に急性白血病や一部の固形腫瘍患者に新たな展望を提供するフランスのバイオ製薬企業です。また、エリテックは固形腫瘍の分野における他の適応症と、オンコロジー以外の希少疾患としての一定の適応症の治療薬についても、開発を進めています。

エリテックはパリのユーロネクスト規制市場に上場しており(ISINコード: FR0011471135、ティッカー: ERYP)、CAC All Shares、CAC Healthcare、CAC Pharma & Bio、CAC Small、CAC Mid&Small、CAC All Tradable、Next Biotechの各指数の構成銘柄となっています。エリテックの株式はPEA-PME(中小企業向け株式節税プラン)適格です。

当社の詳細については、「エリテックおよびERY-ASP/GRASPAについて」をご覧ください。

将来見通しに関する情報

本リリースは、エリテック・ファーマの財務状況・業績・戦略・プロジェクトや、予想される将来の業績に関し、将来見通しに関する記述・予想・推定(以下「記述」)を含む可能性があります。エリテック・ファーマがフランス金融市場庁(www.amf-france.org)に提出した書類は当社ウェブサイト(www.erytech.com)でも閲覧可能ですが、それらのリスクや不確実性について説明が記されています。これらのリスクや不確実性について、エリテックは正確さと公平さに関する説明ないし保証は行いません。またこれらの「記述」は、本リリースの発表時点におけるものです。フランスの法律で要求されている場合を除き、エリテックはこれら「記述」のいずれについても更新する一切の義務を否定します。

将来見通しに関する情報の詳細については、「将来見通しに関する情報」をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

ERYTECH
Gil Beyen
Chairman & CEO
Pierre-Olivier
Goineau

Vice President and COO
+33 4 78 74 44 38
investors@erytech.com
または
NewCap.
Investor
and press relations
Julien Perez / Emmanuel Huynh, +33 1 44
71 98 52
erytech@newcap.fr

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表
  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402