医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

夜尿症の小児における睡眠パターンと心理学的機能はデスモプレシン口腔内崩壊錠により改善されることが新しい研究で示される

2014年05月14日 AM02:12
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

オーストリア・インスブルック

(ビジネスワイヤ) — デスモプレシンの口腔内崩壊錠(ミニリンメルト、MINIRIN® Melt)*による治療が、夜尿症(おねしょ)の小児における睡眠パターンと心理学的機能(注意力の問題と記憶を含む)を改善することが新しいデータで示されました。夜尿が小児の神経心理学的機能(例:不安および社会的自尊心の問題)に及ぼす負の影響も示されました1,2。ベルギーのゲント大学病院の研究者らによる調査から得られたデータは、オーストリア・インスブルックで開催された欧州小児泌尿器科学会議(ESPU)の第25回年次大会で発表されました。

調査結果は、年齢6~16歳の夜尿症小児30人に対するデスモプレシン治療の前と6カ月後に行った調査に基づいています。データから、デスモプレシン治療6カ月後における夜尿の改善は、睡眠1時間当たりの周期性四肢運動(PLMS指数)の低減(p<0.001)と、皮質覚醒の低下(p<0.01)によって示された睡眠障害の有意な軽減に対応することが示されました1

また夜尿症の小児らは、デスモプレシン治療の6カ月後に心理学的機能の有意な改善を示しました。親からの報告によれば、注意力の問題(p<0.01)と、内面化(p<0.05)および外面化(p<0.01)の両問題で有意な軽減が見られました。さらに生活の質(p<0.01)、実行機能(p<0.01)、聴覚記憶(p<0.01)の有意な改善が見られました1

ESPUで発表された調査結果の別データから、夜尿症の小児が持つ心理的問題は何であるか、またそれら問題のどれがどの特定臨床症状と関連しているかが明らかにされました。事実として、調査対象となった夜尿症の小児の80%が心理・運動・神経の問題を少なくとも1つ抱えていました2。小児において夜尿日数と、社会的問題および不安・抑うつの問題の存在との間には、正の相関関係が示されました。逆に夜尿日数と、社会的自尊心との間には負の相関関係が示されました2

これらの調査結果に関して、ベルギーのゲント大学病院小児腎臓科・泌尿器科で臨床心理士を務めるCharlotte Van Herzeele氏は、次のように述べています。「私たちは、夜尿症が小児とその家族の両方の生活に負の影響を与えることを知っています。しかし、これらの新しいデータは、その影響が従来考えられていたよりも深いことを示し、親は子どものために医療の助けを求め、利用可能な治療選択肢を検討する必要があることを浮き彫りにするものです。」

ベルギーのゲント大学病院小児睡眠センターで小児精神科医を務めるKarlien Dhondt医師は、次のように述べています。「小児が夜尿で悩む可能性が最も高い年齢は、精神・神経認知上の発達において非常に重要な時期です。この調査は夜尿症の治療が、小児の睡眠の質と心理学的機能を多くのパラメーターで改善できることを示しました。」

年齢5歳の小児の最大16%が頻繁に夜尿を経験します3,4。夜尿症は、アレルギー性疾患に次いで多い小児の慢性疾患です5。夜尿症はきわめて一般的な病気である一方、本人には大きな心理学的影響、また家族には経済的負担をもたらし得ます6

*デスモプレシンの口腔内崩壊錠は世界82カ国で夜尿症の治療に適応を有し、ミニリンメルト(MINIRIN®Melt)、デスモメルト(Desmomelt®)、DDAVPメルト(DDAVP®Melt)など数種類の名称で販売されています。

本調査について

これらのデータは、三次医療に紹介され、夜間多尿(NP)を伴う単一症候性夜尿症(MNE、または単に夜尿症)と診断された年齢6~16歳の小児に対するマルチメソッド(睡眠ポリグラフ(睡眠のモニタリング)、質問票、臨床面接、神経心理学検査)、マルチインフォーマント(小児と親、教師に質問)の研究に基づいています。NPは夜間利尿が各年齢の膀胱容量の100%を超える場合と定義しました。患者は、デスモプレシンの口腔内崩壊錠による治療の開始前と6カ月後に、さまざまな方法で検査を受けました1,2

デスモプレシンについて

ミニリン(MINIRIN®、デスモプレシン)はバソプレシンの誘導体(合成化合物)です。バソプレシンは体内の水分バランスを制御する天然の抗利尿ホルモンです7。デスモプレシンは腎臓内で抗利尿(V2)受容体と結合することで機能し、天然の抗利尿ホルモンの作用を模倣します。それによって血液からろ過される水分の量が過剰になるのを防ぎ、産生される尿の量を減らすことができます8。夜尿症に関する研究では、デスモプレシンによる長期治療は有効で、良好な忍容性を示し、夜尿のない期間を長期にできることが示されています9,10

フェリング・ファーマシューティカルズについて:

スイスに本社を置くフェリング・ファーマシューティカルズは、研究主導型のスペシャルティバイオ医薬品企業グループとして、世界市場で活動しています。当社はリプロダクティブヘルス・泌尿器科・消化器科・内分泌科の分野で革新的な製品の発見・開発・販売を手掛けています。フェリングは55カ国に事業子会社を有しており、100カ国以上で製品を販売しています。フェリングとその製品に関する詳細情報については、www.ferring.comをご覧ください。

上記の商標はすべてFerring B.V.が所有しています。

参考文献

1 Van Herzeele, C. 2014. Desmopressin improves sleep pattern and psychological functioning in patients with monosymptomatic nocturnal enuresis. Poster # S13-3. European Society for Paediatric Urology Congress, 7-10 May 2014, Innsbruck, Austria.

2 Van Herzeele, C. 2014. Correlation between clinical symptoms of nocturnal enuresis and neuropsychological functioning. Poster #S13-5. European Society for Paediatric Urology Congress, 7-10 May 2014, Innsbruck, Austria.

3 Fergusson et al. Behav Psychother 1986;78:884-90

4 Yeung CK et al. BJU Int 2006;97:1069-1073

5 Hjälmås K, Nocturnal Enuresis in children, Barnklinikerna, Ostra sjukhuset, Göteborg. Nordisk Medicin [1998, 113(1):13-5, 15] http://europepmc.org/abstract/MED/9465701

6 Tryggve Nevéus et al, Enuresis – Background and Treatment Scand J Urol Nephrol Suppl 206: 1–44, 2000

7 Cornu J et al. A Contemporary Assessment of Nocturia: Definition, Epidemiology, Pathophysiology, and Management—a Systematic Review and Meta-analysis. European Urology 2012. http://dx.doi.org/10.1016/j.eururo.2012.07.004

8 Nørgaard JP, Harris AS. A passion for Peptides. Published in 2011 by Ferring Pharmaceuticals. ISBN 978-87-994103-0-9 http://biomed.papers.upol.cz/pdfs/bio/2013/01/15.pdf

9 Lottmann H, Baydala L, Eggert P, Klein BM, Evans J, Norgaard JP. Long-term desmopressin response in primary nocturnal enuresis: open-label, multinational study. Int J Clin Pract 2009;63(1):35-45. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19125991

10 Evans J, Malmsten B, Maddocks A, Popli HS, Lottmann H; on behalf of the UK study group. Randomized comparison of long-term desmopressin and alarm treatment for bedwetting. J Pediatr Urol 2011 Feb;7(1):21-9. Epub 2010 Jun 25. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20579938

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20140513005743/ja/

CONTACT

Ferring Pharmaceuticals
Patrick Gorman, +41 (0) 58 301 00 53
patrick.gorman@ferring.com
or
Tonic
Life Communications
Emma Coughlan, +44 (0) 7896 075431
emma.coughlan@toniclc.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent