医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ASCO、ESMO、EORTC、ESO、UICCは2014年も引き続きWINシンポジウム・シリーズを支持

2014年04月19日 AM04:57
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

仏ビルジュイフ

(ビジネスワイヤ) — WINシンポジウム・シリーズのこれまでのイベントを支持してきた5つの主要ながん関連組織は、6月23~24日にパリで開催予定のWIN2014シンポジウムも支持します。ASCO*、ESMO、EORTC、ESO、UICCから得られた支持は、WINシンポジウムが持つ科学的水準の高さと、期待される影響の強さを示すものです。

最高位の演者を集めた並外れたアジェンダ

WIN 2014シンポジウムは、高度に個別化されたがん治療を目的とする「精密治療」の追求におけるブレークスルーを専ら取り上げるイベントとして並外れたものとなります。精密治療という概念は、個々の患者のがんにおける特定の分子的異常に対処するための標的治療薬と免疫療法薬の賢い組み合わせを検討する目的で進行中の臨床試験で、その有望性がますます高まっていることが証明されています。

腫瘍分子生物学の世界的権威であるロバート・ワインバーグを含め、がん研究と患者ケアの世界的リーダーがこれらのテーマほかについて念入りに検討します。他に基調講演を行うのは、リロイ・フッド(米国)、グイド・クレメル(フランス)、ハンス・クレバース(オランダ)、ルネ・バーナード(オランダ)ほかです。(各氏の肩書はいずれもDr.)

ブルークロス・ブルーシールド協会(BCBSA)のスコット・P・セロタ会長兼最高経営責任者(CEO)が、開会の辞を述べてシンポジウムの幕を開けます。セロタ氏の協会は、米国市民の3人に1人に対して健康保険を提供しています。

教育活動として全面的に認定

WIN 2014シンポジウム・プログラムは、医療専門家向けの教育活動として以下の認定を受けています。

UEMS-EACCME:欧州CME単位(ECMEC)12単位。相互認定協定により、米国とカナダの医師に対しても有効。

ESMO-MORA:ESMO-MORA単位(カテゴリー1)10単位。

研究科学者ヘの参加呼びかけ

関連するがん研究を行っている科学者や臨床医は、各自の研究の抄録を提出することで、シンポジウムに積極参加できます。また、主催者が提供するベストポスター賞のコンペで競うことができます。

*本プログラムは、教育的内容の品質につき米国臨床腫瘍学会の承認を受けています。ASCOによる支持は医学的助言となるものではありません。医療提供者は各自が独自の医療判断を下す必要があります。ASCOは本イベントのパートナーではありません。

ASCO®は米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology®)の登録商標です。使用は許可に基づいています。ASCOは本イベントのスポンサーではありません。

WINシンポジウムの詳細についてはwww.winsymposium.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

WIN Consortium
Catherine Bresson
Catherine.Bresson@winconsortium.org
Director
of Operations
or
Vladimir Lazar
33 1 42 11 40 20

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda and Seattle Genetics to Present Positive Data from Phase 3 ECHELON-1 Clinical Trial Evaluating ADCETRIS® (brentuximab vedotin) in Frontline Advanced Hodgkin Lymphoma
  • Herbalife Nutrition Hong Kong and Po Leung Kuk Set New World Record in Launching Healthy Active Lifestyle Mobile App
  • Median Technologies Inks a Research Collaboration Agreement for Lung Cancer Screening Programs With Xingtai People’s Hospital, Xingtai City, China
  • Genentech’s HEMLIBRA (emicizumab-kxwh) Every Four Weeks Controlled Bleeds in Phase III Study in Hemophilia A
  • Orthocell Commences Treatment of Its 1,000th Patient