医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

パスウェイ・ゲノミクスがFDAの承認を受けた次世代シーケンシングシステムIllumina MiSeqDxを追加

2014年02月27日 PM07:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンディエゴ

(ビジネスワイヤ) — サンディエゴに拠点を置き、CLIAおよびCAPの認定を受けて遺伝子検査サービスを世界規模で提供している臨床ラボラトリーのパスウェイ・ゲノミクス・コーポレーションは本日、当社の一連の次世代シーケンシングシステムにIllumina MiSeqDxを追加したと発表しました。

臨床市場向けに設計・検証された本ベンチトップ型シーケンシングシステムは、診断アプリケーションを開発・販売する当社の能力を最適化することになります。本システムは試料のマルチプレクシング(多項目同時解析)を実現することで、オペレーターの効率を最大化し、スループットを高めます。

パスウェイ・ゲノミクスの創設者で最高経営責任者(CEO)のJim Planteは、次のように述べています。「この非常に重要な技術の一角を達成することは、当社の臨床イノベーションにおける真摯な活動を継続する上で必要な一歩です。」

手作業による時間を最小限にとどめて高効率なワークフローを実現するMiSeqDxにより、即使用可能な試薬を含む合理化プロセスに引き続き、シーケンシングのためのDNAを調製できます。

パスウェイ・ゲノミクスのArdy Arianpour最高戦略責任者(CSO)は、次のように述べています。「FDAの承認を受けた最初のシーケンサーへの当社の投資は、複数の遺伝子検査プラットフォームにおける当社の次世代シーケンシング能力を拡大する戦略的計画の一部です。当社はMiSeqDxに関し、単一遺伝子と包括的パネルの両方を含め、サービスの完全なスイートを発表できる状態で準備してあります。」

パスウェイ・ゲノミクス・コーポレーションについて

カリフォルニア州サンディエゴを拠点とし、臨床検査所改善法(CLIA)に基づく認定と米国病理学会(CAP)による認定を受けている臨床ラボであるパスウェイ・ゲノミクスは、健康とウェルネスを改善・維持するため、医師と患者に実用的で正確な遺伝子情報を提供しています。パスウェイ・ゲノミクスは2008年の創業以来、イノベーションへの専心と医学的責任を果たすための取り組みで知られており、当社は商業用遺伝子検査業界においてリーダー企業の地位を得るまでになっています。 パスウェイ・ゲノミクスの検査サービスは、心臓の健康がんリスク遺伝性疾患栄養、運動応答性、さらには疼痛管理メンタルヘルスで使用される薬物など、特定の薬物に対する薬物応答性を含め、多様な疾患・状態を対象としています。パスウェイ・ゲノミクスの詳細については、www.pathway.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Pathway Genomics Corporation
Zak Pugh, 858-217-4358
pr@pathway.com
www.pathway.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Brightree发布面向居家医疗器械的首个患者App
  • Brightreeが初のHME向け患者アプリを発表
  • Takeda to Present Results from Phase 3 ALTA-1L Trial Highlighting Intracranial Efficacy of ALUNBRIG® (brigatinib) Versus Crizotinib in First-Line Advanced ALK+ Non-Small Cell Lung Cancer
  • ポットネットワーク・ホールディングスがSEC報告会社登録に基づきPCAOB監査人による完全な監査・レビュー済みの財務報告書を公表
  • Takeda Receives Clearance from the Japan Fair Trade Commission for the Proposed Acquisition of Shire plc