医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

クオンタムバイオシステムズが、開発中の「1分子シークエンサー」で得られたデータを世界初公開

2014年01月28日 AM09:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

大阪

(ビジネスワイヤ) — クオンタムバイオシステムズは本日、開発中の1分子シークエンサーの生データにアクセスできるようにしたと発表しました。クオンタムバイオシステムズが公開した塩基配列の読取精度は、非ホモポリマー領域で99%以上を示し、ホモポリマー領域における挿入・欠損の発生率は約10%でした。今回の公開データにより、研究者らは開発中のプラットフォームを評価し、そのバリデーションと開発に参加することが可能となります。これはDNAの1分子シークエンサーにおける大きな節目となる成果です。

  • ラベルフリーで超低コストなシークエンサーの可能性を持つシークエンサー

クオンタムバイオシステムズが本日発表した成果は、革新的なクオンタム・シークエンシング・プラットフォームを用いて達成されたものです。このプラットフォームは単鎖DNA/RNAのシークエンシングを、ラベル化や修飾なしに、コンシューマーグレードの集積回路と同じ製造ラインで製造可能なシリコンデバイス上で実施できるようにします。装置はタンパク質やその他の試薬を使用しないため、超低コストで、消費者レベルのゲノムシークエンシングを可能とするものです。

  • DNAセンシング技術の原理を変革する進歩

QBプラットフォームは、サブナノメーターのナノギャップ電極とピコアンペアの電流を使用して、DNA/RNA単分子の電気伝導度を直接検出します。1分子センシングにおけるこの画期的な進歩は、原理的に新しい種類のセンサーをもたらすと期待されます。

  • クオンタムバイオシステムズについて

2013年1月創立のクオンタムバイオシステムズは、全ゲノムの低コスト・ハイスループット分析のための第4世代DNA/RNAシークエンサーを開発しています。従来のシークエンサーは、複雑なサンプルの前処理と高価な機器を必要とするのに対し、QBプラットフォームはそのような参入障壁を伴わず、ユビキタスなDNAシークエンシングをもたらす上で、有利な立場にあります。

CONTACT

For further information on this release please contact:
Quantum
Biosystems Inc.
Toshihiko Honkura, +81 6-6476-7425
CEO
info@quantumbiosystems.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Brightree发布面向居家医疗器械的首个患者App
  • Brightreeが初のHME向け患者アプリを発表
  • Takeda to Present Results from Phase 3 ALTA-1L Trial Highlighting Intracranial Efficacy of ALUNBRIG® (brigatinib) Versus Crizotinib in First-Line Advanced ALK+ Non-Small Cell Lung Cancer
  • ポットネットワーク・ホールディングスがSEC報告会社登録に基づきPCAOB監査人による完全な監査・レビュー済みの財務報告書を公表
  • Takeda Receives Clearance from the Japan Fair Trade Commission for the Proposed Acquisition of Shire plc