医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

世界最大級のナノテクノロジー総合展「nano tech 2014」 開催

2013年12月17日 AM10:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

Smart Multimedia Gallery

 

nano tech 2013 会場風景 (写真:ビジネスワイヤ)nano tech 2013 会場風景 (写真:ビジネスワイヤ)

View and Share Photo

Close Window


東京

(ビジネスワイヤ) — nano tech 実行委員会(委員長:大阪大学 川合知二教授)は、来る2014 年1 月29 日~31日の3 日間、東京ビッグサイトにて、“nano tech 2014” 第13 回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議を開催します。13 回目を迎える今回 は、20カ国・地域より、520 企業・団体(計736 小間)が出展します。(2013年12月6日現在)
同時開催展:InterAqua、ASTEC、SURTECH、新機能性材料展、Printable Electronics、enex、Smart Energy Japan

nano tech 2013 会場風景 (写真:ビジネスワイヤ)

nano tech 2013 会場風景 (写真:ビジネスワイヤ)

今回の見どころは、「ライフ&グリーン」のテーマに沿った特別シンポジウム。ライフ分野では、「再生医療」 「個別化医療」 「イメージング」を取り上げ、ナノテクによって実用化が見えてきたライフサイエンスの最新の研究成果について講演します。また、グリーン分野では、究極の再生エネルギーとして期待高まる「水素」に注目。燃料電池自動車・ステーション、家庭用燃料電池や住宅などの来る水素社会に迫ります。

“Life Nanotechnology”特別シンポジウム ■ 1月29日(水)
基調講演:
ライフナノテクノロジー~次代の最先端技術【再生医療】【個別化医療】【イメージング】
他、富士フイルム、京都大学、協和発酵キリンなど講演決定
※“Green Nanotechnology” 特別シンポジウムのプログラムはウェブで!

ビジネスマッチングにメンバー続々とエントリー! (169社、211名参加 2013年12月6日現在)
圧倒的進化を遂げたビジネスマッチングシステムが展示会における商談をより効率的・効果的にサポート! ウェブでメンバーが登録したシーズとニーズを公開中です。
マッチングメンバー登録状況はウェブで ⇒ www.nanotechexpo.jp/main

nano week 2014 で最新の技術動向、最先端の研究成果をCHECK!
今回Phantoms Foundation(EU, Spain)と物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点による、TNT(Trends in Nanotechnology)がヨーロッパを越え、初めて日本にて開催、世界をリードする最先端ナノテクノロジー研究に関する講演と討論を行います。その他、最新技術動向や研究成果の発表の場として、ナノテクノロジー関連会議を多数開催します。

開催概要
http://www.nanotechexpo.jp/main/outline.html

Photos/Multimedia Gallery Available: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20131216005028/ja/

CONTACT

nano tech実行委員会事務局 (株式会社ICS コンベンションデザイン内)
内山 真衣子
TEL:03-3219-3567
nanotech@ics-inc.co.jp
http://www.nanotechexpo.jp/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda to Highlight Broad Oncology Portfolio and Pipeline Data at the American Society of Clinical Oncology (ASCO) and the Congress of the European Hematology Association (EHA) Annual Meetings
  • Cerveau Technologies, Inc.与日本东京都老人综合研究所签订研究协议
  • 继美国和英国之后,中国向Personalis, Inc.签发ACE©技术专利,扩大了其在国际上的知名度
  • セルヴォー・テクノロジーズが日本の東京都健康長寿医療センター研究所と研究契約を締結
  • 国際的な食品・飲料企業の連合が、世界の供給食料から人工トランス脂肪酸を排除するための世界保健機関とResolve to Save Livesによる呼び掛けを支持