医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

シスビオ・バイオアッセイズがアルゴス・ソディティックと共に開発活動を促進

2013年11月19日 PM06:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

パリ、仏コドレ

(ビジネスワイヤ) — アルゴス・ソディティックが運用するファンドは、シスビオ・バイオアッセイズを経営陣と共に買収すると発表しました。シスビオ・バイオアッセイズは最先端のバイオテクノロジー企業であり、ヒト体外診断・薬剤研究分野の大手です。

シスビオ・バイオアッセイズは、このマネジメント・バイアウト(MBO)を通じて独立し、スピンオフとしてベルギーのIBAグループを離れます。

今回の買収は、シスビオ・バイオアッセイズの歴史で大きな前進となります。シスビオ・バイオアッセイズは、25年にわたる経験を経て、診断とバイオテクノロジーの分野で世界的大手としての地位を認められるようになりました。アルゴス・ソディティックの参加は戦略的成長に向けて前途を広げ、市場における地位の強化を可能にします。シスビオ・バイオアッセイズの有用性を確信しているアルゴス・ソディティックは、経営陣と共に戦略的計画の実行に当たり、イノベーションと新製品の発売、国際的な開発活動に集中します。

アルゴス・ソディティックのパートナーの一人であるGilles Lorangは、次のように述べています。「シスビオ・バイオアッセイズは革新的な企業であり、サービスと製品の質に定評があります。海外における顕著な露出度という利点を持ち、売上高の85%以上はフランス国外から得ています。経営陣の傑出した質と、全社的な優れた企業風土は、今回の買収とスピンオフ(特別に複雑なものとなった)の実行において極めて重要な点でした。」

シスビオ・バイオアッセイズのBerthold Baldus最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社のMBOへのアルゴス・ソディティックの参加を全会一致で歓迎します。アルゴス・ソディティックは20年以上の投資経験、ファンドの成功実績、仕事に熱心なチームを持ち、当社は、専門的診断用バイオマーカーと新治療薬発見のための革新的ソリューションにおける世界的リーダーとして認められるという目標達成を目指す上で強力な支援を得ることになります。」

シスビオ・バイオアッセイズについて(www.cisbio.com

シスビオ・バイオアッセイズは、体外診断と創薬に使用される製品と技術を開発販売しています。専有技術のHTRF®を持つシスビオ・バイオアッセイズは均質蛍光検出法の大手であり、創薬に携わる研究者に最高級のアッセイとサービスを提供します。またシスビオ・バイオアッセイズは、主としてがん性病変、代謝疾患、自己免疫疾患向けに調整された広範囲の体外診断用免疫アッセイを提供します。

フランスのコドレに拠点を置くシスビオ・バイオアッセイズは、米マサチューセッツ州ベドフォードと中国の上海に施設を構え、代理店網を通じてグローバルに販売を展開しています。シスビオ・バイオアッセイズ・グループは世界各国で200人の従業員を擁し、売上高は3500万ユーロを計上しています。

アルゴス・ソディティックについて(www.argos-soditic.com

アルゴス・ソディティックは欧州の独立系プライベート・エクイティ・グループで、パリ、ミラノ、ブリュッセル、ジュネーブに事務所を構えています。アルゴス・ソディティックは1989年の創設以来、中小企業のマネジメント・バイアウトとバイインを中心に50件以上の取引を実行してきました。アルゴス・ソディティックは、主として売上高が2000万ユーロから4億ユーロの企業に500万ユーロから6000万ユーロの多数持ち分を保有します。

6億7500万ユーロを運用するアルゴス・ソディティックは、例外的で複雑な取引所外取引の実績を積み上げており、このような取引では当社が持つ現地プレゼンスと国際的経験が投資先の中小企業に価値を付加することが可能です。

顧問:

  • Kramer Levin Naftalis and Frankel(Christophe Gaschin、Ramona Tudorancea、Severine Gallet、Fabienne Arrighi、Stanislas Marmion)
  • Taylor Wessing(Laurence Lapeyre)
  • 戦略:Alcimed(Cyril Duriez、Remi Masson Regnault、Nadege Penhaleux、Nathanaelle Cellier)
  • 財務計画:Axonia Partners(Nicolas Viviano)
  • 会計監査:KPMG (Olivier Boumendil、Emmanuel Ducrocq)
  • 税務監査:Cabinet Arsene Taxand.(Franck Chaminade、Emilie Foy、Laurent Mamou、Marion Dervieux)
  • 保険:ACBS(François de Sailly)、SCIACI(Christine Rivoalan)
  • 知的財産:Cabinet Regimbeau(Frédérique Faivre-Petit、Nicolas Bouquin)
  • 規制関連:Voisin Consulting(Sylvie le Gledic、Patrick Larcier)
  • 情報技術・システム:Vinci It Partners(Gregory Dubourdieu)

販売顧問:

  • M&A:ING Corporate Finance、ブリュッセル(Stéphane Rouvez)
  • Linklaters(Arnaud Coibion、Anca Sarbovan)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Cisbio Bioassays:
Berthold Baldus
or
Argos
Soditic
:
Gilles Lorang, Raphael Bazin, Simon Guichard
or
Media
contacts:

Cisbio Bioassays:
François Degorce,
+33 4 66 79 19 31
fdegorce@cisbio.com
or
Argos
Soditic
:
Céline Lanoux, +33 1 53 67 20 50
clanoux@argos-soditic.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Clover Biopharmaceuticals Completes RMB 62.8 Million Series A Financing
  • 三叶草生物制药完成6,280万元人民币A轮融资
  • Corindus Announces First Commercial Installation of CorPath® GRX System Outside of U.S.
  • Walmart, JD.com, IBM and Tsinghua University Launch a Blockchain Food Safety Alliance in China
  • Bristol-Myers Squibb Granted Exclusive License by Ono Pharmaceutical for Multiple Programs Targeting Immuno-Suppressive Factors in the Tumor Microenvironment