医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

WOUNDCHEK™ Laboratories – シスタジェニックスからスピンアウトした創傷診断のリーダー企業にして革新企業

2013年11月06日 PM06:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

英ガーグレーブ

(ビジネスワイヤ) — WOUNDCHEK™ Laboratoriesは本日、シスタジェニックスからの診断事業のスピンアウトを成功裏に完了し、シスタジェニックスの先進創傷ケア事業を買収したキネティック・コンセプツ(KCI)との間で、世界規模での非独占販売契約を締結したと発表しました。

ワン・エクイティー・パートナーズ(OEP)が保有する新事業体のWOUNDCHEK™ Laboratoriesは、英国に主な拠点を置いています。引き続き新しい創傷診断製品の開発に100%の力を注ぎ、創傷ケアにおける治療転帰の向上に貢献します。

WOUNDCHEK™ Laboratoriesの最高経営責任者(CEO)を務めるJack Wilkensは、次のように語っています。「私たちの構想は、ポイントオブケアの創傷診断を通じて、より質が高く正確で、必要な時に利用でき、実用的で、アクセスしやすい情報を臨床医に届け、治療転帰の向上に貢献することです。効果のない創傷ケア治療のために毎年200~250億ドルが費やされていると推計されることから、創傷診断を用いることで、治療法選定のまずさや治癒の遅れ、避けられたはずの合併症によって医療保険にかかる費用の大幅な削減に役立つと期待されます。」

現在の開発努力は、ほとんどの慢性創傷で治療経路を決めるのに必要な診断情報をつなぎ合わせるものとして臨床専門医が重要と認める3つの決定的な問い、すなわち「創傷はプロテアーゼ活性上昇がみられるか」「活動性感染はあるか」「十分な組織酸素化がみられるか」に集中しています。

WOUNDCHEK™ Protease Statusは、慢性創傷においてプロテアーゼ活性上昇(EPA)の有無を検知する世界初のポイントオブケア検査製品で、2012年に欧州、中東、南アフリカで上市されました。この画期的な新創傷診断製品は、臨床医が適切な治療法を正しいタイミングでそれにふさわしい創傷に適用する上で役立っており、KCIとの販売契約によって、顧客は引き続き製品を利用することができます。

– 以上 –

1. Data based on savings calculated with the WOUNDCHEK economic model, UK version, with AQP VLU data inputs. – Nherera L. et al. Quantifying the economic value of diagnostics in wound care in the UK. Poster, EWMA 2013.

免責事項

現在のところ、WOUNDCHEK™ Protease Statusは米国市場における販売についてFDAから承認されていません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

For more information:
VSPR
Vicky Stoakes, 07747 534 519
Vicky@vs-pr.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • レスメド後援の研究で在宅酸素療法と在宅非侵襲的換気療法の併用が費用対効果の高いCOPD治療法であると判明
  • Takeda to Highlight Broad Oncology Portfolio and Pipeline Data at the American Society of Clinical Oncology (ASCO) and the Congress of the European Hematology Association (EHA) Annual Meetings
  • Cerveau Technologies, Inc.与日本东京都老人综合研究所签订研究协议
  • 继美国和英国之后,中国向Personalis, Inc.签发ACE©技术专利,扩大了其在国际上的知名度
  • セルヴォー・テクノロジーズが日本の東京都健康長寿医療センター研究所と研究契約を締結