医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ハンナ インスツルメンツが世界で最も幅広い使用形態のラボ計測器を発表

2013年09月24日 PM09:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ロードアイランド州ウーンソケット

(ビジネスワイヤ) — ハンナ インスツルメンツは、求めやすく画期的デザインのフル機能ラボ計測器「エッジ(edge®)」のリリースを発表します。

エッジはpH、導電率、溶存酸素を計測します。驚くほど薄型・軽量で、厚さは0.5インチ、重量は9オンスしかありません。一体的なデザインの中に携帯型計測器および卓上計測器の要素を融合しています。このように幅広い使用形態を可能にするデザインにより、お客さまはエッジを卓上計測器、携帯型計測器として使用したり、あるいはラボの貴重な卓上スペースを解放するため壁に設置して使用したりすることさえ可能です。

薄型・軽量デザインに加え、エッジは広視野角の5.5インチ大型LCD、静電容量式タッチキーパッド、デュアルUSBポート、スイベル式のアーム電極ホルダーが付いたクレイドルを備え、ウオールマウントが同梱されています。

エッジはデジタルスマート電極で動作します。これらの電極はほぼ計測器自体と同様に先進的で、センサータイプ、ID、校正に関する情報を保存するマイクロチップを搭載しています。これらの情報は電極を装着することでエッジによって自動的に取り込まれます。電極は3.5ミリメートルのコネクターを備えているので、位置合せとピンの曲がりないし破損を心配する必要がありません。

ハンナ インスツルメンツのPaul Fabsitsグローバル事業開発担当バイスプレジデントは、次のように述べています。「エッジはハンナが分析科学においてこれまでに達成した中で最高度の革新成果です。ハンナは長い間、分析機器のリーダー企業の地位にあり、pH計測技術を求めやすい価格で何百万ものユーザーにもたらすことになった初のpHep®を開発し、初の携帯型の吸光光度計や特定用途向け滴定器を投入してきました。今回の製品投入により、どなたもpH、導電率、溶存酸素を計測できるフル機能の計測器を手にすることができます。機能に加え優れているのがデザインです。当社のエンジニアは、最新の電極コンポーネントを活用することで、この種の計測器としては使用形態が最も幅広く、最軽量のものをデザインすることができました。」

エッジはスイスのバーゼルで9月24日に開催されるILMAC 2013で正式発表します。来場者はハンナ インスツルメンツのF78番ブースでエッジの初披露に立ち会い、その他のハンナ製品をご覧になることができます。

ハンナの新製品エッジは、42カ国に展開している当社の販売オフィスから購入できます。これらのオフィスはハンナのお客さまに対して、各国ごとのサービス、サポート、トレーニングを提供しており、並外れた顧客体験を提供するというハンナの目標を達成する上で欠かせない存在です。

ハンナについて

ハンナ インスツルメンツは電子分析器の製造で世界最大の非公開企業です。ハンナは、1978年から実用的でコスト効率に優れた計測器を研究所や環境・食品・産業向けに製造しています。当社は研究用の卓上型計測器やISEからpH・導電率・DO・濁度などを測定する単機能・多機能のポータブル計測器まで、幅広い製品を取り揃えています。当社は世界各地に40以上のオフィスを構え、世界のあらゆる場所で傑出したレベルのサービスとサポートを提供しています。

詳細情報については、ハンナ インスツルメンツのウェブサイトwww.hannainst.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Hanna Instruments, Inc.
Emmett Jorgensen, 401-765-0045 x52
ejorgensen@hannainst.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表