医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

22ndセンチェリー・グループ、転写因子遺伝子でタバコのニコチン含量を制御するための米国特許が許可されたと発表

2013年09月11日 PM05:40
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ニューヨーク州クラレンス

(ビジネスワイヤ) — 22ndセンチェリー・グループ(OTCQB: XXII)は本日、NbTF7と名付けられた(NbARF1としても知られる)転写因子遺伝子に由来する核酸を利用してニコチン含量を変化させたタバコ植物に対し、米国特許商標庁(USPTO)が許可通知を発行したと発表しました。NbTF7は複数のニコチン生合成遺伝子の発現を同時に制御します。

「アルカロイド生合成を制御する転写因子をコードする核酸シーケンスとその植物代謝改変への利用(NUCLEIC ACID SEQUENCES ENCODING TRANSCRIPTION FACTORS REGULATING ALKALOID BIOSYNTHESIS AND THEIR USE IN MODIFYING PLANT METABOLISM)」と題された特許出願第13/464,212号の許可された請求項は、ニコチン生合成を負に制御する転写因子遺伝子NbTF7の変異誘発によってニコチン含量を変化させたタバコ植物の生産を対象とするものです。NbTF7は、米国特許出願第13/464,212号や他の関連する特許出願の根拠となっている国際特許出願PCT/IB2008/003131号にて、タバコ植物におけるニコチン生合成とニコチン含量を制御するタバコ転写因子遺伝子であると同定・証明されている6種のうちの1つです。

これら特許出願に含まれる請求項は、(i)複数のニコチン生合成遺伝子を正または負に制御する6つの転写因子遺伝子のそれぞれをコードする核酸、(ii)6つの転写因子遺伝子の発現を上方制御または下方制御することでニコチン含量を変化させたタバコ植物を生産する方法、(iii)これらの方法を利用して生産したタバコ細胞、タバコ植物、タバコ製品です。22ndセンチェリーの転写因子技術の大きな利点は、単一の転写因子遺伝子を改変することで、複数のニコチン生合成遺伝子を下方制御して超低ニコチン・タバコを生産したり、上方制御して高ニコチン・タバコを生産したりできる点です。

本技術は、特許出願第13/464,212号で許可された請求項に明記されているように、結果として得られるタバコにタバコ植物にとっての外来遺伝子が含まれない形で、導入きます。これらの植物は米国およびその他一部諸国々では、遺伝子組み換え植物と見なされません。

転写因子遺伝子NbTF7の制御を認める特許許可通知は、2013年9月6日にカナダ国立研究評議会(NRC)に対して発行されました。発明者はNRC植物バイオテクノロジー研究所のJonathon Page博士とAndrea T. Todd氏です。 22ndセンチェリーはNRCにおける研究開発に資金提供することで、この転写因子遺伝子技術やその他の技術に関し、NRCより世界規模での独占的ライセンスを取得しました。22ndセンチェリーは新しい商業用タバコ植物品種の生産を含め、同技術のさらなる開発を行っています。 特許証は数カ月以内にUSPTOが発行し、期限は2028年となります。

22ndセンチェリーはタバコ植物のニコチンやその他のニコチン系アルカロイドの含量を変化させる第2世代遺伝子技術を有しており、この転写因子技術はこうした技術をカバーする数件の特許ファミリーの1つです。22ndセンチェリーの研究開発担当バイスプレジデントであるMichael Moynihan博士は、次のように述べています。「USPTOがこの特許を認めたことは、当社にとって大きな喜びです。当社の第2世代技術は第1世代技術に比べて大きな利点を持っています。」

22ndセンチェリーは米国で16件の登録特許と8件の出願中特許からなる特許ポートフォリオを持っています。これら特許は主として、主要なニコチン生合成遺伝子と同遺伝子の発現を制御する転写因子、およびそれらを元に生産された有害性低減タバコ製品に関連したものです。22ndセンチェリーの技術により、「ライト」な紙巻たばこと比べニコチンを最大98%低減したニコチン含量世界最低の紙巻たばこや、タール対ニコチン比が世界最低の紙巻たばこの生産が可能になっています。

22ndセンチェリー・グループについて

22ndセンチェリーは、植物バイオテクノロジー企業として、遺伝子操作や植物育種を通じて植物のたばこ中のニコチンやその他のニコチン系アルカロイド(ノルニコチン、アナタビン、アナバシンなど)のレベルを増減させる専有的技術を保有しています。22ndセンチェリーは、78カ国で交付済み特許112件を所有または独占的実施権を所有し、さらに特許38件を出願中です。グッドリッチ・タバコ・カンパニーとハーキュリーズ・ファーマシューティカルズは22ndセンチェリーの完全所有子会社です。グッドリッチは、市販用たばこ製品と開発中のタバコの有害性低減製品に注力しています。ハーキュリーズ・ファーマシューティカルズは、開発中の処方禁煙補助薬のX-22に注力しています。

詳細情報については、www.xxiicentury.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Redington, Inc.
Tom Redington, 203-222-7399

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作
  • ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表
  • The First China (Chongqing) Selenium Enrichment Industry Development Conference, Organized by the Chongqing Jiangjin Agriculture Commission, Was Held in Jiangjin