医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

クリスティ保証プログラムを世界的に拡大し、ベインビューアーの医療施設向け訓練に革命をもたらす

2013年08月27日 PM07:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米テネシー州メンフィス

(ビジネスワイヤ) — クリスティ・メディカル・ホールディングスは本日、業界有数のクリスティ保証プログラムについて、血管画像を皮膚表面に投影する照射製品「HDベインビューアー」(HD VeinViewer®)を使用する40カ国以上の病院と診療所に拡大したと発表しました。

この5年プログラムには、保証、オンライン臨床教育の利用、最新のクリスティ製品プラットフォームへの更新プログラムが含まれます。業界初となるクリスティ保証プログラムは、最終顧客がクリスティ製品の活用とそれによる成果を達成できるよう、リーダーシップ投資に大きな力を割いていることを示しています。

クリスティ・メディカル・ホールディングスのゼネラルマネジャー兼バイスプレジデントであるクリス・シュネーは、次のように述べています。「当社は2008年にVeinViewerGSを世界規模で投入しました。今日では、第3世代、第4世代、第5世代のベインビューアーが世界中で販売されています。私たちの狙いは、当社の技術的リーダーシップとサポートを通じて、ベインビューアーのユーザーが顧客満足度の向上や、可能性として患者におけるリスクと感染の削減、医療経済上の利点の最大化を達成できるようにすることにあります。」

クリスティ保証プログラムは徹底的な調査の結果に基づいて創設されました。この調査は、臨床研究でベインビューアー技術の利点を実証したのと同じ成果を達成する上で、お客さまが求める支援を尋ねたものです。成果は、初回穿刺成功率と患者満足度評価が最大で100パーセント増加し、医療的に不要なPICCラインを50パーセント削減できることを示しています。目標は、各施設がその投資によって得られるプラスの利益を最大化し、患者ケアを改善できるようにすることです。

クリスティ保証プログラムの規約が適用されます。

最近、3000件のデータポイントを包含する3件の当社臨床研究で、ベインビューアーによる測定結果と、業界の定石である超音波によるそれを比較しました。これらの研究はインスチチューショナル・レビュー・ボード(IRB)サービシズにより評価・承認されたもので、ベインビューアーは平均で1ミリメートルの2分の1未満の精度で測定でき、末梢静脈(3mm-7mm幅)の場合に最も一般的にアクセスされる静脈では、ほぼ完全な静脈幅(+/- 0.06mm)を投影しました。

ベインビューアーは2006年以来、10件の厳格なピアレビューをくぐり抜けてきました。第三者による医療ピアレビューでは、ベインビューアーについて統計的に有意な臨床効果が実証され、多くの場合に節約によって最終利益の向上が可能であると評価されています。

ベインビューアー技術は、親会社クリスティ・デジタル・システムズのエンジニアリング能力とリソースによる支援を受けて開発されました。クリスティ・デジタル・システムズは、投影システム業界で80年以上の経験を持つ世界一流のビジュアル技術企業です。ベインビューアーは、無害な近赤外光、DLP®技術、アクセス前/中/後(PDP)で求められるメリットを提供するアクティブ・バスキュラー・イメージング・ナビゲーション(AVIN™)などの独占技術、競合製品より3~10倍正確な投影静脈幅におけるTrueViewイメージング精度、Df2(デジタル・フル・フィールド)などの技術を活用して、皮下血管系や血流パターンを唯一のリアルタイムHDデジタル画像として、皮膚表面上に直接投影するデバイスとして、市場初にして唯一のものです。ベインビューアーはIV開始と採血の支援を目的に設計されたものですが、クモの巣状静脈瘤・下肢静脈瘤の治療プロセスでも有益であることが証明されています。

クリスティの提供製品・サービスに関する詳細情報については、www.veinviewer.comをご覧ください。

クリスティ・メディカル・ホールディングスについて

クリスティ・メディカル・ホールディングスは、米テネシー州メンフィスを拠点として医療技術の発見・開発・商業化に努めている世界的企業です。市場をリードする当社の製品「ベインビューアー」(VeinViewer®)は携帯型の血管画像システムで、これにより医療提供者はアクセス可能な血管系を鮮明にリアルタイムで直接皮膚表面上においてHD画像として可視化することができます。クリスティ・メディカル・ホールディングスは、日本のウシオ電機株式会社(JP:6925)の子会社で世界的なビジュアル技術企業のクリスティ・デジタル・システムズが所有する企業です。クリスティ・デジタル・システムズないしクリスティ・メディカル・ホールディングスに関する詳細情報については、www.christiedigital.comをご覧ください。

ツイッター(@veinviewer)でフォローをお願いします。

DLP®はテキサス・インスツルメンツの登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Christie Medical Holdings, Inc.
Carmen Robert, 519-572-5824
carmen.robert@christiedigital.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表
  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作