医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ガルデルマ、新規筋弛緩剤の臨床開発を開始

2013年06月06日 PM03:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

スイス・ローザンヌ

(ビジネスワイヤ) — ガルデルマは本日、ボツリヌス毒素の改良型製剤に基づいた新規筋弛緩剤の臨床開発を開始したことを発表しました。現在行われている最初の臨床試験では、既に患者さんがこの薬剤により治療を受けています。

ガルデルマの社長兼最高経営責任者であるハンバート・C・アントゥネスは次のように述べています。「筋弛緩剤は、形成外科医が患者さんにバランスのとれた最良の結果をもたらすことができる重要な医療ソリューションです。当社は、北米のようなAzzalure/Dysportを販売できない地域に自社開発のこの新たな筋弛緩剤を投入し、製品ポートフォリオを拡充することを目指しています。現在美容分野でAzzalure/Dysportの販売を行っていない国々で、この画期的な新製品を強力に営業していきたいと考えています。」

この最初の試験は短期間で終了する予定であり、今年末には2回目の試験の開始が予定されています。

美容分野での大手独立市場調査会社のメディカル・インサイツによれば、美容分野での筋弛緩剤の市場は2013年に12億1180万ドルにのぼり、2017年までには15億8880万ドルを超えると予想されています(Global Aesthetic Market Study、2013年1月発表)。

ガルデルマについて

ガルデルマは1981年創立の世界的企業として、革新的な医療ソリューションを提供することで、人々の生涯を通じて皮膚科ニーズを満たすと同時に、世界各国の医療専門家に貢献することに専心しています。当社は、販売店の世界的なネットワークを持つ完全子会社31社と、世界中におよそ5000人の従業員を擁しています。ガルデルマの広範な製品ポートフォリオは70カ国で提供しており、にきび、酒さ、爪甲真菌症、乾癬・ステロイド反応性皮膚疾患、色素異常症、皮膚がんを含む一連の皮膚疾患に対する治療薬と、皮膚老化に対する医療ソリューションを含むものです。

当社では毎年、売上高の約 20%を創薬、新製品開発、革新的技術の取得に投資しており、 皮膚科学分野の研究開発に対する投資規模として世界有数の企業となっています。4つの先進的研究開発センターと4つの製造施設は、安全性・有効性の最高基準を満たす広範な革新的医療ソリューションの提供に専心しています。戦略的ブランドには、Epiduo®、Oracea®、Clobex®、Differin®、Rozex®/MetroGel®、Silkis®/Vectical®、Tri-Luma®、Loceryl®、Cetaphil®、Metvix®、Azzalure®、Restylane®、Emervel®が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Galderma S.A.
Karin Falck, +46 (0) 709749015
Public and
Media Relations Officer

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作
  • ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表
  • The First China (Chongqing) Selenium Enrichment Industry Development Conference, Organized by the Chongqing Jiangjin Agriculture Commission, Was Held in Jiangjin