医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フォトファインダー:皮膚がん早期発見のための革新的手法

2013年06月03日 PM09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

Smart Multimedia Gallery

 

FotoFinder ATBM tower (Photo: Business Wire)FotoFinder ATBM tower (Photo: Business Wire)

View and Share Photo

Close Window


FotoFinder Moleanalyzer (Photo: Business Wire) FotoFinder Moleanalyzer (Photo: Business Wire)

View and Share Photo

Close Window


独バートバーンバッハ

(ビジネスワイヤ)– 高リスク患者は定期的に皮膚がんの兆候について検査を受けています。これまで、こうした検査は多くの時間を要し、1つのほくろに集中する傾向がありました。しかし今、すっかり様相が変わろうとしています。現在、3分以内に皮膚表面全体の画像を記録し、変化を連続的にモニタリングすることが可能になっています。新しいFotoFinder bodystudio ATBMシステムはイメージングプロセス全体を自動制御するものです。この画期的な手法は、2013年5月にドイツ皮膚学会大会で発表されました。

FotoFinder ATBM tower (Photo: Business Wire)

FotoFinder ATBM tower (Photo: Business Wire)

ATBM検査では、4方向から患者の写真を撮ります。従来の身体撮影とは異なり、ATBMではカメラのポジショニングが完全に自動化されており、頭からつま先まで最小の時間で皮膚表面全体を記録することができます。わずか3分後に、20枚の写真が保存され、新しいBodyscan ATBMによって既に以前の写真と自動的に比較されています。新たな病斑や変化した病斑が強調表示され、一目で可視化できるようになっています。さらに、FotoFinder SmartMatch技術が新たに加わり、最大72メガピクセルの解像度で完全な身体像4枚を作り出します。

ATBMはほくろ検査とデジタルダーモスコピーをシームレスに統合するものです。検討すべき母斑すべてが全身像の中でマーキングされ、フルHDのビデオダーモスコープで極めて詳細に記録されます。診断を支援するため、Moleanalyzerが臨床的に承認されたパターン認識アルゴリズムに基づいて悪性度スコアを割り出します。

ソフトウエアの標準化機能とレーザーベースの患者ポジショニングシステムが相まって、その後の検査すべてにおいて再現性のある画像が保証されます。直感的なイメージング操作は、診療スタッフに任せることができます。

フォトファインダー・システムズのマネジングディレクターを務めるアンドレアス・マイアーは、次のように述べています。「私たちの皮膚というのは、検査に多くの時間がかかる大きな器官です。新しいATBMは必要な操作を最小限に減らします。優れた全身写真によって、医師らは疑いのある形態や変化をすべて一目で見極めることができます。こうして本システムは、皮膚科医の医学的専門性を支援するとともに、患者にとっての安心感を高めます。」

フォトファインダーについて

フォトファインダー・システムズは、医療用イメージングシステムを製造する世界的企業として、皮膚がん診断・審美向けの「ドイツ製」最先端ソリューションを提供しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20130603005114/ja/

CONTACT

FotoFinder Systems
Christiane Walther, +498563977200
walther@fotofinder.de

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表