医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ハートビート・エキスパーツ、新興市場の年初来の業績が350%以上の成長

2013年05月28日 PM10:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニューヨーク

(ビジネスワイヤ) — ライフサイエンス業界向けステークホルダー管理ソリューションで世界的トップ企業のハートビート・エキスパーツは本日、新興市場での2013年第1四半期の業績が2012年の同時期に比べて350%の成長を遂げたと発表しました。

ハートビート・エキスパーツは、BRICK(ブラジル、インド、中国、韓国、ロシア)市場の各国で売上高が拡大しました。中国が特に著しく成長し、ステークホルダー管理ソフトウエアデータアナリティックソリューションステークホルダーデータの利用者が大きく増加しました。ハートビートはまた、中南米でのいくつかの新製品上市に関して市場参入と償還に関するプロジェクトを獲得したこと、さらにインド、韓国、ロシアでジェネリックとバイオシミラーの製薬会社を新たに顧客として獲得したことも発表しました。

アジア太平洋担当副社長のケレン・プリヤダルシニは、次のように述べています。「2012年と2013年初期に4カ所の新規事務所を域内に開設し、中国の現地チームを大幅に拡充しました。中国で当社は大きな成果を上げており、2012年から2013年にかけて事業開発スタッフを3倍に増やしました。中国では、新製品上市の範囲拡大やメディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)チームの拡充を行っている主要多国籍企業顧客と協力しています。その結果、プロジェクトの範囲は拡大し、既存顧客との関係も拡大しています。」

中南米担当副社長のロザンジェラ・ディーモは次のように語っています。「中南米、特にブラジルでは、市場参入の問題が当社の顧客のニーズの中心でした。当社は主要顧客と協力して各新製品の上市への取り組みを開始しており、各市場に関して適応症ごとの償還や医療経済の状況を把握する作業を進めています。2013年の前年比での成長は、新製品の上市の増加とこれまでに築いてきた顧客との強力な関係を反映しています。」

ハートビート・エキスパーツは、ブエノスアイレス、ワルシャワ、イスタンブールへの新事務所設置を含む2013年中の新興市場での拡大計画についても発表しました。

ハートビート・エキスパーツについて:

ハートビート・エキスパーツはステークホルダー管理ソリューションの大手プロバイダーであり、製薬企業トップ20社の全社と医療機器企業20社のうち18社を顧客としています。ハートビート・エキスパーツは、KOL特定、KOL管理、価格設定・償還、フォーミュラリーアクセス、規制業務に関するソフトウエアおよびデータの提供を行い、ステークホルダーエンゲージメント製品としては、バーチャルアドバイザリーボード、HCPコミュニティー、市場調査があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Heartbeat Experts
Joe Baumer, +1-212-941-9041

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Clover Biopharmaceuticals Completes RMB 62.8 Million Series A Financing
  • 三叶草生物制药完成6,280万元人民币A轮融资
  • Corindus Announces First Commercial Installation of CorPath® GRX System Outside of U.S.
  • Walmart, JD.com, IBM and Tsinghua University Launch a Blockchain Food Safety Alliance in China
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表