医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

浜松ホトニクスが赤外線酸素モニタ装置用ディスポプローブと専用装置を発売

2013年05月20日 AM10:25
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

浜松

(ビジネスワイヤ) — 浜松ホトニクス株式会社(東証:6965)は、組織酸素飽和度を測定する赤外線酸素モニタ装置用のプローブ(測定用具)として従来の再使用型プローブに加え、感染症予防等に有効な使い捨てタイプのディスポプローブを開発しました。また、それに合わせてディスポプローブ専用機NIRO-200NX DPも5月20日より同時発売いたします。(定価:3,780,000円 税込)

赤外線酸素モニタ装置は、生体に安全な光(生体内を透過しやすい近赤外線)を用いて、組織の酸素状態を非侵襲・連続的に測定する装置です。手術現場での脳酸素管理から脳機能、脳代謝や筋機能などに関する臨床応用まで幅広い用途に対応します。
弊社の赤外線酸素モニタ装置NIROシリーズは、これまで多くの手術中、集中治療中の患者の脳保護用監視モニタとして使用されてきました。プローブは患者の頭部に装着する測定用具(赤外線照射部および受光センサから構成)で、これまでランニングコストの低い再使用型プローブが用いられ好評を得ていましたが、近年、患者間における感染症予防の観点から、使い捨て型プローブの要求が増えてきました。特に救命救急分野等、一刻を争うような場面では感染症検査が十分にできない環境にあり、ディスポプローブを用いた脳内酸素モニタが必要とされます。
今回、新たに開発したディスポプローブは、従来プローブの性能はそのままで、低価格を実現した使い捨てタイプのプローブです。従来の赤外線酸素モニタ装置NIRO-200NXに専用アクセサリ(別売)を追加することで使用できます。これにより、状況に合わせて再使用型プローブとディスポプローブを選択して使用することが可能です。
また、ディスポプローブのみを必要とするユーザーには専用装置としてNIRO-200NX DPをご用意いたしました。

【主な特長】
機能・性能はそのまま
測定項目
● 組織酸素飽和度 TOI (%)
● 組織酸素化指標 nTHI (a.u)
● 酸素化ヘモグロビン変化量 △O2Hb (μmol/L)
● 脱酸素化ヘモグロビン変化量 △HHb (μmol/L)
● 総ヘモグロビン変化量 △cHb (μmol/L)

一体型成型で使い勝手が向上
照射・受光プローブが一体型となり、患者への装着が容易になりました。
柔軟かつ軽量なプローブにより、高い装着性を実現しました。シールを剥がしてすぐに使用できます。

他のモニタとの併用を考慮したコンパクトサイズ
小型・軽量なプローブなため、他のモニタ(BIS等)との同時装着も可能です。

【価格】
● ディスポプローブ L型 :14,600円/本(税抜) 15,330円/本(税込)
● ディスポプローブ S型 :14,600円/本(税抜) 15,330円/本(税込)
● ディスポプローブ用アクセサリ :662,000円(税抜)  695,100円/本(税込)
(構成品:ディスポプローブアダプタ、DPA用AMPユニット、プローブ接続ケーブル)
● ディスポプローブ専用装置 NIRO-200NX DP :3,600,000円(税抜) / 3,780,000円(税込)
(構成品:表示ユニット、ディスポプローブアダプタ、DPA用AMPユニット、プローブ接続ケーブル 2本、ディスポプローブ L型10本、電源ケーブル)

【発売開始】 2013年5月20日

【販売元】
アイ・エム・アイ株式会社
〒343-0824 埼玉県越谷市流通団地3-3-12
TEL: 048-988-4422

【浜松ホトニクスについて】
浜松ホトニクスは、光の技術集団として、光の基礎研究と各種光関連製品の開発・製造・販売を行っています。
代表的な取り扱い製品として、光電子増倍管やフォトダイオードをはじめとする光検出器、レーザやLEDをはじめとする光源、そして光検出器をキーコンポーネントとしたカメラや画像解析装置・光計測装置などがあります。また、光の本質に迫る研究に加え、光技術の産業応用に様々視点から取り組んでいます。

CONTACT

浜松ホトニクス株式会社
システム営業推進部 (担当:藤田直人)
TEL: 053-431-0143
FAX:
053-433-8031
E-mail: sales@sys.hpk.co.jp

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402
  • Bertin与Zymo Research宣布达成新的合作
  • ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表
  • The First China (Chongqing) Selenium Enrichment Industry Development Conference, Organized by the Chongqing Jiangjin Agriculture Commission, Was Held in Jiangjin