医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

独立研究により、補助療法としてV.A.C. VeraFlo™ Therapyを使用すると感染創患者の手術室への入室回数が減少すると判明

2013年05月09日 PM05:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンアントニオ

(ビジネスワイヤ) — キネティック・コンセプツは本日、コロラド州デンバーで開催された「2013年高度創傷ケアに関するシンポジウム(SAWC)」春季カンファレンスで発表された独立研究から、陰圧創傷治療システムV.A.C.Ulta™においてV.A.C. VeraFlo™ Therapyを使用した補助療法により、入院と連続的な外科的デブリドマンが必要な感染創を持つ患者において、手術室への入室回数が有意に減少(p<0.05)したことが示されました1。本研究はメドスター・ジョージタウン大学病院創傷治療センターの医師らが実施したもので、従来の療法と比べ、入院日数が2~3日短縮される傾向も示しました。

ワシントンDCにあるジョージタウン大学病院で創傷治療科長を務めるChristopher E. Attinger医師(M.D.)は、次のように述べています。「創傷洗浄液Prontosan®(ビー・ブラウン・メディカル)使用の洗浄処置を伴うV.A.C.® Therapyについての予備的データによれば、慢性創傷に同療法を適用した場合、手術室への入室回数と最終的な創閉鎖に至るまでの時間が有意に減少する一方で、閉鎖される創傷のパーセンテージが増加することが示されています。現在、2つの療法を比較するランダム化多施設試験が進行中です。」

患者142人を対象とする後ろ向き歴史的コホート比較研究では、入院と連続的な外科的デブリドマンが必要な感染創に対する補助療法として、陰圧創傷治療(NPWT、V.A.C.® Therapy)と洗浄処置を伴うNPWT(陰圧創傷治療システムV.A.C.Ulta™においてV.A.C. VeraFlo™ Therapyを使用)の効果を評価しました。V.A.C. VeraFlo™ Therapyでは、創傷洗浄液Prontosan®による洗浄を、フォームが6分ないし20分の滞留時間で視覚的に飽和するまで実施し、その後でそれぞれ3.5時間ないし2時間の連続的NPWT(-125 mmHg)を施しました。標準的なNPWTは-125 mmHgで連続実施しました。

KCIのジョー・ウッディー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「この研究はV.A.C. VeraFlo™ Therapyを標準的なNPWTと直接比較する初めてのものですが、私たちは洗浄液Prontosan®と共に当社の最新世代製品V.A.C. VeraFlo™ Therapyを使用すると、現在のところそれ自身がNPWTの定石と見なされているV.A.C.® Therapyより優れた成果が得られることに、驚きはしません。ジョージタウンでの結果は、洗浄療法を検討した他の臨床研究の結果2,3を打ち固めるものです。これらの研究でも、入院期間の短縮もしくは外科的介入回数の減少、あるいは両方がもたらされることが分かっており、患者と医療提供者にとって良いことづくめとなっています。」

V.A.C.Ulta™ Therapyシステムの詳細情報については、www.vaculta.comをご覧ください。

KCIについて

キネティック・コンセプツ(KCI)は世界一流の医療技術企業として、世界25カ国以上の顧客と患者に対し、高度技術に基づいて変革をもたらす革新的な治療ソリューションの理解・開発・販売に専心しています。米テキサス州サンアントニオに本社を置くKCIは、創傷治療の科学を発展させ、医療専門家の進化するニーズに対応する顧客志向の革新成果を創出することで、患者ケアに好影響を与えることに傾注しています。KCIの専有的な陰圧技術は、医療提供者が多様なタイプの創傷を処置する方法に革命をもたらしました。V.A.C.®治療システムは世界全体で700万例以上の創傷治療で使用されてきました。KCIとその製品の詳細情報については、www.KCI1.comをご覧ください。

参考文献

1. Powers KA, Kim PJ, Attinger CE, et al. Early Experience with Negative Pressure Wound Therapy with Instillation in Acutely Infected Wounds. Poster presented at the 2013 Symposium of Advanced Wound Care (SAWC) Spring Conference, May 1-5, 2013, Denver, CO.

2. Timmers MS, Graafland N, Bernards AT, Nelissen RG, van Dissel JT, Jukema GN. Negative pressure wound treatment with polyvinyl alcohol foam and polyhexanide antiseptic solution instillation in posttraumatic osteomyelitis. Wound Repair Regen 2009 March 1;17(2):278-86.

3. Gabriel A, Shores J., Heinrich C, et al. Negative pressure wound therapy with instillation: a pilot study describing a new method for treating infected wounds. Int Wound J 2008 June 1; 5(3):399-413.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

KCI Corporate Communications
Mike Barger, +1-210-255-6824
mike.barger@kci1.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent