医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

フェリングがフィルマゴン(デガレリクス)の安全性解析の結果を米国泌尿器科学会年次大会で発表へ

2013年05月02日 PM04:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

サンディエゴ

(ビジネスワイヤ) — 以下のデータをカリフォルニア州サンディエゴで開催される米国泌尿器科学会(AUA)年次大会で発表します。

  • Androgen deprivation therapy by a gonadotropin releasing hormone antagonist, degarelix, lowers the risk of cardiovascular events or death when compared to luteinising hormone-releasing agonists (Abstract 781) (ゴナドトロピン放出ホルモン拮抗薬デガレリクスによるアンドロゲン遮断療法は、黄体形成ホルモン放出作動薬と比べ、心血管事象ないし死亡のリスクを低減する(アブストラクト781))

    日時: 2013年5月6日(月)午前8:00-10:00時
    セッション/タイプ: II期前立腺がん/モデレーター付きポスター発表
    場所: サンディエゴ・コンベンション・センター(Room 7)
    著者: Peter Albertsen、Bertrand Tombal、Thomas Wiegel、Egbert van der Meulen、Bo-Eric Persson、Tine Kold Olesen、Joshua Beckman

  • Analysis of disease control-related outcomes from six comparative randomised clinical trials of degarelix versus luteinising hormone-releasing hormone agonists (Abstract 716) (デガレリクスと黄体形成ホルモン放出作動薬を比較するランダム化臨床試験6件における病態制御関連転帰の解析(アブストラクト716))

    日時: 2013年5月5日(日)午後3:30-5:30時
    セッション/タイプ: I期前立腺がん/演壇発表
    場所:サンディエゴ・コンベンション・センター(Room 1)
    著者: Neal Shore、Kurt Miller、Bertrand Tombal、E. David Crawford、Cathrina Karup、Egbert van der Meulen、Bo-Eric Persson

AUAの報道規制方針に基づき、発表される研究の報道は発表日時の前において禁止されています。

フェリングについて

スイスに本社を置くフェリング・ファーマシューティカルズは、研究主導型の特殊バイオ医薬品企業グループとして、世界市場で活躍しています。当社はリプロダクティブヘルス・泌尿器科・消化器科・内分泌科の分野で革新的な製品の発見・開発・販売を手掛けています。フェリングは50カ国に事業子会社を有しており、90カ国以上で製品を販売しています。フェリングとその製品に関する詳細情報については、www.ferring.comをご覧ください。

© 2013 Ferring B.V.

FIRMAGON®はFerring B.V.の登録商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Tonic Life Communications
Molly Wilson, 215-928-2357
molly.wilson@toniclc.com
or
Ferring
Pharmaceuticals
Patrick Gorman, +41 (0) 58 301 00 53
patrick.gorman@ferring.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent