医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

KCIが皮膚移植片採取用の新規ツールを世界規模で提供すると発表

2013年05月01日 PM04:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

Smart Multimedia Gallery

 

KCI announces launch of CelluTome(TM) Epidermal Harvesting System (Photo: Business Wire)KCI announces launch of CelluTome(TM) Epidermal Harvesting System (Photo: Business Wire)

View and Share Photo

Close Window


サンアントニオ

(ビジネスワイヤ) — キネティック・コンセプツは本日、4月30日~5月1日にコロラド州デンバーで企業がスポンサーとなって開催される表皮移植教育サミットにて、表皮採取システムCelluTomeの紹介を行うと発表しました。100人以上の創傷ケア提供者が参加し、新しい表皮採取システムCelluTomeを含め、KCIの医療技術を使用した治療による転帰改善について議論します。

KCI announces launch of CelluTome(TM) Epidermal Harvesting System (Photo: Business Wire)

KCI announces launch of CelluTome(TM) Epidermal Harvesting System (Photo: Business Wire)

表皮採取システムCelluTomeは、無損傷の自己表皮組織を採取するための精密で再現性ある自動化プロセスを提供します。

マイアミ大学ミラー医学校皮膚・皮膚外科教授兼副科長で、スティーフェル・ラボラトリーズ寄付基金教授のRobert Kirsner氏(MD、PhD)は、次のように述べています。「CelluTomeシステムにより、表皮採取の方法が簡単・便利になり、自己表皮微小移植片を得ることができます。私たちのこれまでの経験は、疼痛・瘢痕形成があっても最小限にとどめながら採取できること、また最も重要な点として、患者の創傷を治癒できる能力を証明しています。」

表皮移植は急性・慢性創傷の閉創を促進することが臨床的に証明されています。この新しい皮膚移植プラットフォームにより、創傷治療の医師は、ドナー部位の合併症を最小限にとどめながら表皮移植片を採取することが可能となります。本製品は、DE(表皮真皮)境界部1において再現性と信頼性のある表皮採取ができるように設計されており、これによりドナー部位の麻酔を必要としない皮膚移植が可能になります。CelluTomeシステムを使用して採取した表皮微小移植片は、KCIのV.A.C.® 治療システムと組み合わせて使用できます。

KCIの最高医学責任者(CMO)であるロン・シルバーマン(MD)は、次のように述べています。「表皮採取システムCelluTomeは、KCIがこれまで実際に提供してきた製品すべてと一線を画すものです。当社のV.A.C.® 治療システムは組織の肉芽形成を促進するものです。CelluTomeシステムを使用して採取した表皮微小移植片は、ドナー部位の損傷を最小限にとどめつつ、治癒を促進し、新たに肉芽形成した組織上での皮膚再生を促進します。患者にとっては、1つの傷を治すために別の傷を作るのではないことを意味します。」

KCIのジョー・ウッディー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「CelluTomeシステムにより、さらに広範な医師と患者が移植を利用できるようになります。この新製品は、変革的な治癒ソリューションとして当社がこれまで構築してきた製品ポートフォリオをさらに充実させる革新的な製品です。デンバーの医師らと共にこの製品を世に送り出していきたいと思います。」

表皮移植教育サミットの参加者は、表皮移植の科学と表皮移植を支持する証拠について学ぶことができます。参加者はCelluTomeシステムを使用した表皮採取のプロセスについて学び、現在までの医師の経験とケーススタディーを検討します。一連の治療における表皮移植の役割についても、同僚らが議論を交わします。

KCIはこのイベント以外にも、5月2~5日にデンバーで開催される「高度創傷ケアに関するシンポジウム(SAWC)」にてCelluTomeシステムを紹介します。表皮採取システムCelluTomeは2013年6月から米国で販売されます。

KCIの詳細情報についてはwww.kci1.comをご覧ください。

KCIについて

キネティック・コンセプツ(KCI)は世界一流の医療技術企業として、世界25カ国以上の顧客と患者に対し、高度技術に基づいて変革をもたらす革新的な治療ソリューションの理解・開発・販売に専心しています。米テキサス州サンアントニオに本社を置くKCIは、創傷治療の科学を発展させ、医療専門家の進化するニーズに対応する顧客志向の革新成果を創出することで、患者ケアに好影響を与えることに傾注しています。KCIの専有的な陰圧技術は、医療提供者が多様なタイプの創傷を処置する方法に革命をもたらしました。V.A.C.®治療システムは世界全体で700万例以上の創傷治療で使用されてきました。KCIとその製品の詳細情報については、www.KCI1.comをご覧ください。

DE(表皮真皮)境界部は皮膚の表在層(真皮乳頭層)と基底層(表皮基底層)の間に存在する起伏状の基底膜領域です。

Illustrated Dictionary of Podiatry and Foot Science by Jean Mooney © 2009 Elsevier Limited. All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20130501005599/ja/

CONTACT

KCI Corporate Communications
Mike Barger, +1-210-255-6824
Email:
mike.barger@kci1.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Takeda and Seattle Genetics to Present Positive Data from Phase 3 ECHELON-1 Clinical Trial Evaluating ADCETRIS® (brentuximab vedotin) in Frontline Advanced Hodgkin Lymphoma
  • Herbalife Nutrition Hong Kong and Po Leung Kuk Set New World Record in Launching Healthy Active Lifestyle Mobile App
  • Median Technologies Inks a Research Collaboration Agreement for Lung Cancer Screening Programs With Xingtai People’s Hospital, Xingtai City, China
  • Genentech’s HEMLIBRA (emicizumab-kxwh) Every Four Weeks Controlled Bleeds in Phase III Study in Hemophilia A
  • Orthocell Commences Treatment of Its 1,000th Patient