医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

イクシア、信頼性を重視する医療用Wi-Fiデバイス向けに主要な評価機能を強化

2013年02月18日 PM01:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州カラバサス

(ビジネスワイヤ) — 高速で信頼性の高いアプリケーション配信を支援するテスト・ソリューションおよびモニタリング・ソリューションを提供するイクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、Nasdaq: XXIA)は、Wi-Fiネットワーク経由での基幹業務アプリケーション配信を向上させる機能を強化しました。医療現場では、除細動器、輸液ポンプ、心電図モニターなどの生命に関わる重要な機器に、Wi-Fiデバイスが利用され、また、企業における音声・映像統合通信ツールのためのBYOD(社員持ち込み機器)の利用が拡大している今、Wi-Fiネットワークの信頼性がますます重要になっています。イクシアは、市場をリードする同社のWi-Fi試験ソリューションであるIxVeriWaveを拡張しました。この画期的な機能拡張により、クライアント・デバイスの製造メーカー、一般企業、および通信事業者は、自社の製品とサービスの問題を迅速に発見し、最適化することによって、高い信頼性を持つWi-Fiの需要に対応できます。

昨今のBYOD需要の高まりによって、Wi-Fiを利用してリアルタイムで音声・映像データを使用する機会が一段と増えています。また、医療現場でも、深刻な患者ケアを行う機器にWi-Fi機能が搭載される傾向がますます増えています。これにより、従来の相互運用性のみに焦点を当てたWi-Fiアライアンスによる認定試験ではもはや十分条件を満たさなくなってきました。Wi-FIの性能向上を図らなければ、ビジネス上の損失が発生し、医療現場では生命に関わる重要なアプリケーションに悪影響を及ぼしかねません。

製品の特長

IxVeriWaveにより、ユーザーは稼働中のネットワークのシミュレーション、デバイスのローミング試験、および主要な性能パラメータの計測を迅速かつ容易に行うことができます。イクシアの自動化された機能・性能分析システムは、費用と試験時間を最小限に留め、効率化を促進します。また、あらゆるクライアント・デバイスの性能や機能を包括的に評価する何百もの個別試験を実施し、その性能の最適化を行います。

IxVeriWaveの以下の機能を用いて試験することによって、通信事業者はもちろん一般企業でもWi-Fi特有の問題に対応できます。

  • 基本性能の確認:実環境をシミュレートした理想的なラボ環境での確認
  • 実環境性能の評価:バックグラウンドのトラフィック、干渉などを含めた評価
  • 稼働中ネットワーク環境の再現:製品リリース前の問題点の切り分けと対処が可能
  • レンジおよびローミング試験:プログラム可能なステップ減衰器を利用し、統制の取れた形でデバイスをアクセスポイントから遠ざけたり、アクセスポイント間に置いたりすることができる
  • 共存/相互運用性:複数のAPやモバイル・クライアントと組み合わせたデバイスの評価試験
  • アプリケーション性能/体感品質(QoE)評価:イクシアのエンドポイントを利用してデバイスを出入りする音声、映像、データのトラフィックを生成して評価

業界からのコメント

ワイヤレス・モバイル関連顧問会社であるFarpoint Group社主任のクレイグ・マティアス(Craig Mathias)氏は、次のように述べています。「Wi-Fi対応デバイスは、モバイル・エコシステムの中心的存在になってきています。メーカーは最高の体験と言えないものをユーザーに提供することはできないため、あらゆる製品の性能と品質をライフサイクル全体にわたって検証する必要があります」

イクシアの製品マーケティング担当ディレクターのジョセフ・ゼトー(Joseph Zeto)は、次のように述べています。「Wi-Fiはもはや『あると便利』なものではなくなり、高い信頼性を必要として活動を行っている企業、医療関係者、消費者に必要不可欠な存在となっています。当社のソリューションは、Wi-Fi経由の信頼あるアプリケーション配信を最適化できる世界標準機器として認知されています。今後も当社の専門知識を活用し、Wi-Fi対応モバイル・デバイスの検証に向けた新たな標準機器を紹介していきます」

Wi-Fiデバイスの試験・性能に関する詳細情報については、www.wifidevicetest.ixiacom.com/をご覧いただくか、ホワイトペーパー「Actionable Insight into Wi-Fi Device Performance(Wi-Fiデバイス性能試験に関する実用的情報))」(英語)をダウンロードしてください。

イクシアは、スペイン・バルセロナで本年2月25日から28日まで開催される「2013 Mobile World Congress」で同社のWi-Fi試験・性能ソリューションを展示します。詳細は、会場内のイクシアのブース(No. 6C91)でご覧ください。

イクシアについて

イクシアは、リアルタイム・モニタリング、実環境に即したテスト、および迅速な評価機能等の実用的なソリューション情報を提供します。このネットワーク上におけるエンドツーエンドの可視化により、企業はユーザーの振る舞い、セキュリティの脆弱性、ネットワーク容量、アプリケーション性能、およびネットワークの回復状況を把握することができます。研究所レベルから、ネットワーク、さらにクラウドに至るまで、イクシアのソリューションを用いることによって、顧客は自社のネットワークやデータセンターを最適化して、アプリケーション配信の高速化、セキュリティ保護、そしてネットワークの拡張を実現できます。イクシアの詳細情報は、www.ixiacom.com (日本語サイト: http://www.ixiacom.jp )をご覧ください。

*Ixiaおよびイクシアの4枚の花びら(four-petal)のロゴマークは、イクシアの登録商標または商標です。その他の商標は、各所有企業に帰属します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を 資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

<<報道関係のお問い合わせ先>>
イクシアコミュニケーションズ株式会社 広報事務局
Tel:
03-3384-3434
Email: ixia@ambilogue.com
または
<<イクシア製品に関するお問い合わせ先>>
イクシアコミュニケーションズ株式会社
Tel:
03-5326-1948(代表)
Email: salesjapan@ixiacom.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表