医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

インベンテージズ、次世代オーダーメード医療企業の構築に向けてSAPと協力

2013年01月29日 PM01:40
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ロンドン

(ビジネスワイヤ) — インベンテージズ(ネスレの支援を受ける国際医療ベンチャーキャピタル)は、次世代オーダーメード医療企業の構築に向け、クラス最高のITフレームワークを使用した包括的で作用機序に基づいた疾病管理の実現を目指してSAPと協力していると発表しました。

オーダーメード医療では、遺伝情報や遺伝以外の情報(環境的要素など)を利用して患者個人にあわせた疾病の予防、診断、治療を行ないます。しかしながら、これまではオーダーメード医療に関連するソリューションは断片的で不十分な場合が多く、疾病の影響要因の一部しか取り扱うことができませんでした。将来のオーダーメード医療は、患者のゲノム情報、病歴、環境や生活パターンに関する要素を取り入れた総合的なものとなります。疾病管理に総合的に取り組むためには、複数のデータ源を統合し、膨大なデータを構造化して分析する必要があります。これらの事柄を行なう能力こそが、オーダーメード医療ソリューションを成功裏に長期的に利用するために鍵となる差別化要因となります。

医療関連の世界的ベンチャーキャピタルと世界をリードするIT企業のこのたびのコラボレーションは、新興医療企業に対し、資金面に加え、豊富な専門知識と資源を供給することを目的としています。このコラボレーションでは、有効性の高い、臨床的に証明された医療製品の開発に関するインベンテージズの経験と、複雑なITシステムやエコシステムを開発運用するSAPの専門技術を利用することになります。

インベンテージズ会長兼業務執行パートナーのGunnar Weikert博士は次のように述べています。「インベンテージズは幾年にもわたってオーダーメード医療に注目し、将来の疾病管理を総合的なものにする必要性を常に認識してきました。患者の健康に影響を及ぼす要素は、すべて考慮しなければなりません。インベンテージズとSAPは、情報技術の利用を通し、高度なオーダーメード医療を提供するというビジョンにおいて一致しています。このコラボレーションでは、モバイル、クラウド、ビッグデータ処理に関してSAPが持つ独自の能力と資源を当社グループが利用できるようになります。」

SAPのSAP HANA®担当上席副社長のStefan Sigg博士は、次のように語っています。「インベンテージズおよびネスレと協力し、各社が持つ医療とITの専門能力によってお互いを補完し合うことができるこの機会に大いに期待しています。インベンテージズとネスレは、臨床試験の設計と実施などの医療技術に加え、複雑な規制や医療費の償還などの取り扱いに関するバランスの取れた深い専門知識を提供します。このコラボレーションは、人間の生活の向上を目ざした医療ソリューションを見いだし、開発する助けとなることでしょう。」

インベンテージズについて

  • インベンテージズは、ネスレが支援する世界的な医療ベンチャーキャピタルです。
  • 医療活動を根本的に改善するために役立つ有効性の高い安全な治療法や技術に集中して投資を行ないます。
  • 胃腸疾患などの慢性疾患に加え、脳医療、代謝障害など、医療制度に大きな負担を負わせている分野、さらに小児科、救命救急診療、加齢などに特に注力しています。

# # #

SAPおよびSAPのロゴは、ドイツおよび他の諸国でのSAP AGの商標、あるいは登録商標です。

記載されているその他すべての製品名およびサービス名は、各社の商標です。

SAPの将来見通しに関する記述

本文書に含まれる記述で過去の事実に関する記述でないものは、1995年私募証券訴訟改革法で定義される意味での将来見通しに関する記述です。SAPに関連した「予期する」、「信じる」、「見積もる」、「期待する」、「予測する」、「意図する」、「あり得る」、「予定である」、「推定する」、「予想する」、「すべきである」、「する」やその他の類似表現は、そのような将来見通しに関する記述を特定するためのものです。SAPは将来見通しに関する記述を公的に更新または改訂する一切の義務を負いません。すべての将来見通しに関する記述はさまざまなリスクや不確実性の影響を受ける可能性があり、実際の結果は予想されているものとは大きく異なるものとなる場合があります。SAPの将来的な財務業績に影響を及ぼす可能性がある要因は、SAPのフォーム20-Fによる最新の年次報告書を含むSAPの米国証券取引委員会(SEC)への提出物で詳述しています。これらの将来見通しに関する記述は現時点における記述に過ぎないため、読者の皆さまは過度の信頼を置かれないようご注意申し上げます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Inventages
Charles Stacey
Tel: +44 (0)207 730 0979
Email:
charles.stacey@inventages.com
www.inventages.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Corindus Announces First Commercial Installation of CorPath® GRX System Outside of U.S.
  • Walmart, JD.com, IBM and Tsinghua University Launch a Blockchain Food Safety Alliance in China
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer