医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

当社がキャタレント・ファーマ・ソリューションズからバイオシミラー生産細胞株を非独占にて提供を受けることについて

2012年12月13日 PM09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

ニュージャージー州サマーセット(米国)、秋田県秋田市(日本)

キャタレント・ファーマ・ソリューションズ(以下、キャタレント)とUMNファーマ(以下、UMN)は、本日、キャタレントの持つGPEx®テクノロジーにより構築された複数のバイオシミラー生産細胞株をキャタレントからUMNへ非独占にて提供することについて合意したことを発表いたします。GPEx®テクノロジーにより得られた、高い安定性と生産性をあわせ持つ細胞株により、バイオシミラーの開発及び生産が促進されます。

この合意によって、UMNとその子会社で受託製造者であるUNIGENは複数のバイオシミラーをキャタレントのGPEx細胞株を使って製造することになります。UMNは、今回の合意とは別に、製薬会社と臨床試験を含む開発とマーケティング・販売を行うための合意を行います。UMNは、提携する製薬会社とともに、継続的にさまざまなバイオシミラー開発プロジェクトをアジア市場にて進めていくことになります。

UMN取締役会長 道下眞弘は、次のように述べております。「この合意は、技術、ビジネスモデル、スピード感および文化の面において、UMNとキャタレントのすばらしい相乗効果の結果です。キャタレントの豊富なバイオ医薬品開発と細胞構築に関する専門知識は他では得られないもので、UMNのバイオシミラービジネスを世界展開する際の土台となります。」

キャタレントのビジネス・ユニット部門社長のバリー・リトルジョンズは以下のように付け加えました。「この合意によってキャタレントは、特にアジア地域において、複数のバイオシミラーと生物製剤新薬(NBE)の開発と生産の影響力を継続して高めていくことになります。UMNの野心的な展開計画は、鍵となるマーケットであると考える地域でのキャタレントの成長戦略と重なります。」

また、キャタレント・ジャパン社長のハンス-ヨアヒム・ローエは以下のように述べております。「われわれは日本の顧客様に、ますます広がるキャタレントのサービスを提供いたしますことに大変興奮しています。キャタレントのGPEx技術への需要の高まりにお応えするとともに、これからも業界のリーディングサプライヤーとして、医薬品提供に関するソリューションと専門的サービスをご提供してまいります。」

2004年に設立されたUMNは現在3つの製造施設を日本に持ち、昆虫細胞培養技術を基盤としたインフルエンザワクチンの開発・生産に主眼を置いてきました。日本政府の援助によって、UMNは3基の600Lバイオリアクターをインフルエンザワクチン生産用に整備しました。インフルエンザワクチンに加え、新規バイオ医薬品とバイオシミラー等のバイオ医薬品生産の需要に応える形で、岐阜県に2基の21,000Lバイオリアクターを2013年までに稼動させます。さらに2016年までに追加の21,000Lバイオリアクターを2基設置する計画です。

キャタレントのバイオロジクス部門はGPEx技術を利用して360を越える高発現細胞株をお客様のために構築してまいりました。現在それら細胞株が生み出すたんぱく質について数十の臨床試験が世界中で行われ、二種がすでに上市されています。また最新式の500Lおよび1,000Lのシングルユース・バイオリアクターを装備する新たなキャタレントの施設が、米国ウィスコンシン州マジソンに2013年春に開設されようとしています。

キャタレントについて

キャタレント・ファーマ・ソリューションズは医薬品開発ソリューションおよび先進的薬物送達技術の世界的リーダーとして、医薬品、生物製剤、およびコンシューマーヘルス製品について世界規模の臨床開発および商業供給能力をご提供しています。業界での75年を超える経験を通じて、キャタレントはより多くの製品をより迅速に市場に投入できるように、また治療効果の向上、より信頼性の高い製造・供給体制の実現に向けお客様をご支援してまいりました。キャタレントでは1,000名を越える科学者を含む約9,000人余の従業員が、世界にちらばる30ヶ所近い施設にて、毎年約16億米ドルの売上げを達成しています。キャタレントの本社は米国ニュージャージー州サマーセットにございます。より詳しくは、www.catalent.comをご参照ください。

More products. Better treatments. Reliably supplied.™

UMNファーマについて

UMNファーマは最先端のバイオ技術を用いて赤ちゃんや妊婦、高齢者にでも接種可能な“人にやさしい”新世代ワクチンの研究開発を行っています。やさしいワクチンをより速く、たくさんの人に届けたい。それが私たちUMNファーマの願いです。また、日本国内でバイオ医薬品原薬製造の初期検討から商用生産までを受託します。より詳しくは、www.umnpharma.comをご参照ください。

写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください: http://www.businesswire.com/multimedia/home/20121213005657/ja/

CONTACT

キャタレント – サマーセット、アメリカ合衆国
Director, Global Brand & External
Communication
グローバル・ブランドおよび渉外担当ディレクター
Patricia McGee
パトリシア
マックギー
+1 (732) 537 6407
patricia.mcgee@catalent.com
or
キャタレント
– 日本

Account Director, Business Development – Biologics, Asia
バイオロジクス部門アジア担当
事業開発ディレクター
Shingo Nakamura
中村 慎吾
+81 (0) 3 3470 2348
shingo.nakamura@catalent.com
or
キャタレント
– イギリス

Strategic Marketing Manager
マーケッティング戦略マネジャー
Chris
Halling
クリス ホーリング
+44 (0)7580 041073
chris.halling@catalent.com
or
UMNファーマ
– 日本

Business Development Division
事業開発部
+81 (0) 45
624 8341
press@umnpharma.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表