医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

テンプタイム・コーポレーションが地球規模の健康と開発に関わる画期的研究でグランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズ助成金を受領

2012年11月14日 AM12:55
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米ニュージャージー州モリスプレーンズ

(ビジネスワイヤ) — テンプタイム・コーポレーションは本日、「グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズ(大課題追求)」 の助成金受領企業になったと発表しました。同助成金プログラムはビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金提供するイニシアチブです。テンプタイムの新製品開発担当エグゼクティブディレクターであるドーン・スミス博士は、「熱曝露における累積温度・最大温度を表示する低コストのワクチンバイアル単体レベル温度インジケーター(Low-Cost Vaccine Vial Unit-Level Temperature Indicators that Display Cumulative and Peak Exposures to Heat)」と題して、地球規模の健康と開発に関わる革新的な研究プロジェクトを遂行します。

スミス博士は、次のように説明しています。「世界保健機関(WHO)の勧告に従い、UNICEFなど国連の調達機関やその他の機関・政府経由で配給されているワクチンに現在使用されているワクチンバイアルモニター(VVM)は、ワクチンがダメージを与える高温に曝された可能性がある場合に現場の医療専門家に警告を発し、温度によるダメージを受けたワクチンが患者へ接種されないようにします。今回のアプリケーションの新しい特性は、最高温度インジケーターと累積温度インジケーターの統合で、現場の担当者に簡潔・明確で一意的な信号を送り、ワクチンを使用すべきかどうか判断できるようにします。」

グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズ (GCE)は、地球規模の健康と開発に関わる課題の中で、世界で最も困難を極めて根強く残っている問題群の一部に対し、革新的なアプローチで対処する世界各国の個人に資金を提供しています。GCEは、開発途上地域の人々が日々直面する問題を解決する上で、真の可能性を持つ大胆なアイデアに対する投資を早期の段階で実施するものです。スミス博士のプロジェクトは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が本日発表した第9回グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズの80件を超える助成案件の1つです。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団のグローバルヘルス・ディスカバリーおよびトランスレーショナルサイエンス担当ディレクターであるクリス・ウィルソン氏は、次のように述べています。「地球規模の健康に関する革新的な研究への投資は、既に実を上げています。当財団は一貫して、グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズのプロジェクトが持つ新規性とその革新精神に感銘を受けており、この魅力的な研究に大きな期待を寄せています。これらの投資は、開発途上地域の数多くの人々の健康を向上させ、すべての人間が健康で生産的な生活を送るチャンスを確実に得られるようにする新しいソリューションをもたらす上で、真の可能性を持っています。」

助成金の提供を受けるため、ドーン・スミス博士を含む第9回グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズで選考された資金受領者は、2ページからなるオンライン申請書で、地球規模の健康と開発に関わるテーマとして設定された5つの重要領域のいずれかにおいて、創造的なアイデアを説明しました。それらの領域には農業開発、予防接種、通信も含まれます。

今回のグランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズ案件の研究で主任研究員を務めるスミス博士は、低コストで個別ワクチンバイアル温度インジケーターを開発するための概念を提案しました。このインジケーターは、熱曝露がワクチンバイアルモニターのWHO PQS仕様に合わせて事前設定した累積温度に達すると一意的な信号を発します。またワクチンが能力を喪失し、無効となる原因になり得る短時間の高温曝露についても表示します。この新しい二重機能の温度インジケーターは、既存のVVMと同じく単一の視覚信号を与える単体デバイス組み込まれます。視覚信号は円形の基準表面の中心に置かれた四角の白い表面が反応するもので、高温への曝露によって暗くなります。

テンプタイムのライフサイエンス担当シニアバイスプレジデント兼ディレクターで、初期のワクチンバイアルモニターを発明した研究者の一人でもあるTed Prusik博士は、次のように述べています。「テンプタイム・コーポレーションは20年以上にわたり、WHOやPATH、その他の機関と協働し、世界的な予防接種プログラムの成功に貢献する技術を開発してきました。それらのプログラムは、開発途上国の人々の命を救う上で大きな影響を与えました。グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズの助成金を受けられるのは大変光栄で、当社は今後も世界的な予防接種活動に貢献すべく全力を傾けていきます。」

グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズについて

グランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金提供する1億米ドルのイニシアチブです。2008年に立ち上がり、45カ国の700人以上がグランド・チャレンジズ・エクスプロレーションズの助成金を受領しました。助成金プログラムは専門分野を問わず、あらゆる組織のあらゆる人物に対して開かれています。本イニシアチブは、短い2ページからなるオンライン申請書によって助成金支給プロセスを迅速化させており、予備データを要求していません。10万米ドルの初期助成金が年2回支給され、成功を収めたプロジェクトについては、続けて最大100万米ドルの助成金を提供する機会を設けています。

テンプタイム・コーポレーションについて

時間温度インジケーター世界大手のテンプタイムは、温度管理が重要な医薬品、生組織、機器を監視するソリューションを提供して世界的な健康の増進に重要な役割を果たしています。テンプタイムは特許技術を活用して信頼できる一方向的測定値(最大・最小測定値)を提供する装置を開発・生産し、電池駆動式の装置に伴う環境上の危険を回避します。テンプタイム・コーポレーションと製品の詳細については、www.temptimecorp.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

TEMPTIME CORPORATION
Ted Prusik, PhD.; 973-984-6002
tedp@temptimecorp.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent