医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

受容体遮断の新化学技術により、マラリア抑制と蚊刺抑制の画期的前進が可能に

2012年10月17日 PM05:40
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

米カリフォルニア州リバーサイド

(ビジネスワイヤ) — オルファクター・ラボラトリーズは世界レベルの技術を前進させました。蚊刺を過去のものにする可能性があるもので、早くも2013年には市場投入すべく準備しています。

Olfactorはカリフォルニア大学リバーサイド校および有害生物駆除の多国籍会社との2年間にわたる集中的な共同研究を経て、蚊の穿刺行動を実際に変えることができる化学技術を発表しました。これはマラリアや西ナイル熱などの蚊媒介性疾患との闘いにおいて、飛躍的な進歩の可能性を秘めるものです。

Olfactorの研究者らは、皮膚に塗布することなく、空中を通じて拡散する混合化合物として、蚊とヒトの接触を大幅に低減するものを調合しました。この化学技術は蚊の二酸化炭素検知能力を混乱させるもので、この能力は蚊がヒト血液などの血液餌を発見する手段となっています。

オルファクター・ラボラトリーズのスティーブ・アボット社長は、次のように述べています。「蚊が二酸化炭素を認識できなくなれば、被穿刺者の位置を認識して穿刺する蚊の能力は大きく制限されます。当社の技術により、ヒトは蚊にとって、実質的に見えない存在となることができます。 当社の研究成果は、幾つかの致死性の蚊媒介性疾患に立ち向かうことができる潜在力を秘めています。これらの疾患は、世界人口の多くを危険にさらしていると推定されています。これらの恐ろしい疾患を低減できるのみならず、屋外活動は大好きであるが蚊に刺されるのは大嫌いな人すべてにとり、生活をもっと楽しいものにすることができます。」

オルファクターの本技術については特許を最近出願しており、この独自の受容体遮断刺激技術を持つ会社は他に存在しないと思われます。この技術は蚊を追い払うのみならず、人口密度が高い地域から引き離し、より効果的に死滅させることにも利用可能です。これは「押す/引く」駆除戦略の中心となるものです。オルファクターの初期からの重要な起業支援会社で提携先のイノベーション・エコノミーで最高経営責任者(CEO)を務めるアムロ・アルバンナ氏は、次のように述べています。「私たちの技術は、世界各国の政府のみならず、旅行者、 屋外活動者、そして単に蚊に刺されたくない人たちにとって極めて有益なものとなります。これで千年にわたる災厄を低減できるようになり、私たちは世界各国の政府や営利団体からの協働の問い合わせを歓迎します。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Innovation Economy
Amro Albanna, 951-824-8669 x1501
aalbanna@iecorp.co

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-402の第I相中間データを発表
  • Vedanta Biosciences Granted Four New U.S. Patents Expanding Coverage for Compositions and Methods of Use for Therapeutics Based on Microbiome-Derived Bacterial Consortia
  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表