医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

WINコンソーシアムとオラクルががん個別化治療の発展で力を合わせる

2012年10月17日 PM03:10
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

仏ビルジュイフ

(ビジネスワイヤ) — がん個別化治療を推進するワールドワイド・イノベーティブ・ネットワーキング(WIN)コンソーシアムは、Oracle Health Sciencesが当コンソーシアムの会員になったことを発表します。オラクルは、データ管理・臨床試験・ゲノミクス・分析で持つ専門技術を活用できるようにすることで、がんの個別化治療と早期診断によってがん治療の効果を世界規模で高めるというWINコンソーシアムの使命を前進させることに貢献していきます。

個別化治療法を発展させるには、産業界・医療界・学界の間で新たな協働が求められます。こうした協働では、最新情報技術の活用で得られる臨床・ゲノム・患者のデータなど、がんコミュニティー全体が持つ集合知とデータの利用・集積を成し遂げる能力が必要となります。

Oracle Health Sciencesは、個別化治療の発展に貢献するクラウドベースの統合型ソフトウエアアプリケーションのポートフォリオを開発しました。研究機関と医療機関の間における新たな協働モデルを可能にするものです。Oracle Health Sciences Networkは当コンソーシアムの活動に即した貢献として、これら機関が組織の垣根を越えて匿名化データの共有・分析を効率化できるようにすることで、トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)・医療分析・医療情報交換を加速化します。

テキサス大学MDアンダーソンがんセンター前所長でWINコンソーシアム会長のDr.ジョン・メンデルゾーンは、次のように述べています。「がん個別化治療を発展させるにはヘルスサイエンス界の協働が絶対的に必要不可欠ですが、技術的な観点からこれを達成しようとする場合、困難を伴ってきました。オラクルはこうした障壁を突き崩すことができるように諸機関を支援し、協働を拡大して新たな知見を生み出すための土台を提供してくれます。私たちは共に活動することになったオラクルの知識と革新を歓迎します。」

ギュスタフ・ルーシーがん研究所のゼネラルディレクターでWINコンソーシアム副会長のアレクサンダー・エグジャモン教授は、次のように述べています。「私たちの最重要の目標は、画期的ながん個別化治療法を発見し、治療成績とがん患者の生活の質を劇的に改善することです。全ゲノムシーケンスのコストが低下していますが、技術はこうしたリッチデータを分析し、私たちの目標を達成する上で、欠かせません。私たちはこの分野における世界一流の革新企業の1つであるオラクルを当コンソーシアムに歓迎するとともに、同社からの多大な貢献を期待しています。」

Oracle Health Sciencesのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるNeil de Crescenzo氏は、次のように述べています。「オラクルはWINコンソーシアムに参加できることを極めて誇りに思っており、この重要なイニシアチブに貢献していきたいと思います。当社のヘルスサイエンスソリューションは医療およびライフサイエンスのコミュニティーにおける協働を発展・拡大させ、本質的理解の促進に貢献するものであり、WIN独自のアプローチを補完します。当社のソリューションと専門性をコンソーシアムの使命前進に向けて活用していきたいと思います。」

ニューヨークにあるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンター(MSKCC)の細胞生物学研究室ヘッドで、MSKCC名誉会長のポール・A・マークス教授(M.D.)は、次のように述べています。「医療科学における進歩を促進するためのパートナーシップは生産的でプラスの力を持っており、これは過小評価すべきでなく、推奨しなければならないものです。私が熱意をもってプリ・ガリアン米国委員会に参加したのは、このような精神に基づいています。オラクルはWINに参加し、ゲノムと分析の分野で持っている専門知識を当コミュニティーと共有することで、がん個別化治療を前進させるというWINコンソーシアムの使命に大きな貢献をすることができます。」

WINコンソーシアムは世界各国の22の学術機関と業界から成るネットワークで、フランスのギュスタフ・ルーシーがん研究所(IGR)と米国のテキサス大学MDアンダーソンがんセンター(MDACC)のイニシアチブで発足しました。世界中でバイオマーカーを重視した治療法の臨床試験の実施に専心しています。

商標

OracleとJavaはオラクルもしくはその子会社、または両者の登録商標です。その他の名称は各所有者の商標である場合があります。

詳細情報についてはwww.winconsortium.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT

Catherine Bresson, Director Operational Team
+33-1-42-11-40-20
Catherine.bresson@winconsortium.org

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • BioVectra与Keryx Biopharmaceuticals签署枸橼酸铁扩产协议
  • Eternity Healthcare Inc. Enters into Share Exchange Agreement with Guizho Tongren Healthy China Biotechnology Co. Ltd.
  • Takeda and TiGenix announce that Cx601 (darvadstrocel) has received a positive CHMP opinion to treat complex perianal fistulas in Crohn’s disease
  • Chi-Med Initiates Fruquintinib U.S. Clinical Trials
  • Orthocell Granted European Tendon Regeneration Patent