医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

エムバイオテック株式会社がBioJapan 2012に中小機構のブースから出展いたします

2012年10月03日 PM02:06
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

東京

(ビジネスワイヤ) — エムバイオテック株式会社は2012年10月10日(水)~12日(金)に横浜で開催されるBioJapan 2012に中小機構のブースから出展し、マイコプラズマに関する研究結果について展示をいたします。新技術により、肺炎だけでなく喘息・腎炎・関節炎・髄膜炎や脳炎をも引き起こすマイコプラズマ感染症を早期に見つけ出し、原因根治的に治療することが可能になってきました。マイコプラズマという微生物のユニークで特異的な脂質抗原は、マイコプラズマ感染症の病態解明や、治療ワクチン・抗体医薬・免疫療法など治療薬開発の重要な手がかりになります。

マイコプラズマ脂質抗原の免疫活性などの生理活性についての基礎研究も進めており、ワクチンへの応用についての知見が蓄積されてきています。このような、合成脂質抗原を用いて病原微生物のワクチンを作製するという方法は、世界に類を見ない新技術であり、世界に発信できます。オープンイノベーションとグローバル展開を基本構想としており、共同開発・事業提携、および、ファイナンスに関連する情報や支援を希望しています。

Mebio 2012年10月号 特集:マイコプラズマ感染症-基礎と臨床の最前線-に、「マイコプラズマ感染症早期診断の新技術」が掲載されています。基本技術については、「Antigens: Lipids: Encyclopedia of Life Sciences, John Wiley & Sons, Ltd. http://www.els.net」に収載されています。

<マイコプラズマ感染症とは>
マイコプラズマは、“かぜ”症状で発病する感染症の病原菌で、肺炎では3番目、急性気管支炎では1番目に多いとされています。特に、肺炎は日本人死因の第3位を占め、生活習慣病に次ぎ大きな社会問題ともなっています。

また、従来は効果のあった抗生物質に対して耐性菌が多く出現してきている事などから、確実に、早期に診断-治療することがますます重要になってきています。さらに、マイコプラズマ感染症の特徴は、感染したヒトの25%に、肺以外の疾患、つまり、皮膚炎、腎炎、関節炎、また神経症状を呈する髄膜炎や脳炎のような多彩な疾患の原因になり得ることです。経過もさまざまであり、急性期のみの症状から、難病(喘息・リウマチ性疾患・膠原病・神経疾患、アレルギー性疾患)も含む慢性炎症性疾患までの幅広い病像を呈するため、原因の特定が困難な場合も少なくありません。

したがって、慢性化し難病に至る疾患に関連しているマイコプラズマ感染症を、いかに正確に、早期に、発見・診断し、有効な抗生剤療法の適応患者さんを治療に繋げられるかが非常に重要なポイントとなります。

<エムバイオテック株式会社について>
エムバイオテックは、2005年1月5日に設立された、研究開発型のベンチャー企業です。マイコプラズマ脂質抗原に関する先駆的な知見に基づき、革新的な診断薬とワクチンなどの治療薬の研究開発を推進し、最新医療を提案しています。マイコプラズマ脂質抗原の研究成果を実用化し、マイコプラズマ感染症の革新的な診断-予防-治療法の確立に貢献することを使命とし、マイコプラズマ肺炎のみでなく、喘息・リウマチ性疾患・膠原病・神経疾患などの難病化するマイコプラズマ感染症の克服に挑戦しています。

2012年より、提携医療機関にて、マイコプラズマ・ニューモニエとマイコプラズマ・ファーメンタンスのそれぞれに特異的な合成脂質抗原を用いた抗体測定法を研究検査として実施することが可能になってきています。この測定法により、これまで特定できなかったマイコプラズマ感染症を見つけ出し、原因根治的な治療につながります。

CONTACT

エムバイオテック株式会社
松田幸枝
電話 080-3498-7605
E-mail matsuda-s@mbiotech.org

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 

同じカテゴリーの記事 

  • Daiichi Sankyo and Puma Biotechnology Announce Research Collaboration with Major Cancer Center in HER2-Mutated Cancer
  • 武田和Seattle Genetics呈报3期ECHELON-1临床试验的阳性数据,该试验评估ADCETRIS® (brentuximab vedotin)用于晚期霍奇金淋巴瘤的一线治疗
  • ADCセラピューティクスが当社の新規抗体薬物複合体ADCT-301の第I相中間データを発表
  • Intercell USA Changes Name to Valneva USA, Inc. and Expands Commercial Presence
  • ADC Therapeutics präsentiert Zwischenergebnisse aus Phase-I-Studie zu neuartigem Antikörper-Wirkstoff-Konjugat ADCT-402