医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】コロナ中等症IIで有用性-ベクルリーの費用対効果

【中医協総会】コロナ中等症IIで有用性-ベクルリーの費用対効果

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年01月23日 AM10:54

中央社会保険医療協議会総会は18日、日本イーライリリーの片頭痛治療剤「」(一般名:ガルカネズマブ)など3件の費用対効果評価案を了承した。ギリアド・サイエンシズの新型コロナウイルス感染症治療剤「ベクルリー点滴静注剤」(レムデシビル)は、重症患者を対象とした標準治療との比較でICER(増分費用効果比)が費用増加を示した一方、酸素投与が必要な中等症II患者の対象集団では優れた費用対効果を示した。総合的評価をもとに、各製品の価格調整が行われる見通し。

ベクルリーは2021年8月に薬価収載された。重症患者を対象集団として、標準治療と比べたところ、ICERは「費用増加」を示し、営業利益の価格調整係数は0.5となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】オン資導入に経過措置-導入困難な薬局対象
  • 【薬価部会】複数の比較薬で薬価算定-ゾコーバ対応方向性を提示
  • 【医薬品第一部会】初の特定用途薬を了承-プレセデックス静注液
  • 【感染症部会】新型コロナ、5類引き下げ-移行期間は約3カ月
  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論