医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】後発品の新数値目標設定-医療費適正化計画で方向性

【厚労省】後発品の新数値目標設定-医療費適正化計画で方向性

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月21日 AM10:20

厚生労働省は17日、2024年度から6年間の第4期医療費適正化計画策定に向け、後発品の使用促進に関する新数値目標設定などを盛り込んだ方向性を社会保障審議会医療保険部会に示した。

多剤投与の基準を現行の15種類以上から6種類以上に変更することなども明記。後発品の新数値目標設定に対しては、安定供給の実現を優先するよう求める声が相次いだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案
  • 【厚労省】ゾコーバが初の緊急承認-コロナ治療の新たな選択肢
  • 【千葉県薬】卸の土曜配送中止に困惑-「治療が遅れる」など弊害も
  • 【厚労省】後発品の新数値目標設定-医療費適正化計画で方向性
  • 【調査実施小委員】実調、単月調査廃止へ-回答率の低さ考慮