医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【千葉県薬】卸の土曜配送中止に困惑-「治療が遅れる」など弊害も

【千葉県薬】卸の土曜配送中止に困惑-「治療が遅れる」など弊害も

読了時間:約 2分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月21日 AM10:25


■薬局での供給に影響

一部の広域卸が医薬品の土曜日配送中止を決定する動きに対し、薬局が困惑している。千葉県薬剤師会が会員薬局を対象に実施した調査によると、土曜日に対応できる卸がなくなると「非常に困る」「困る」との回答が約8割に上り、既に「患者の治療が遅れる」などの弊害が出ているという。後発品の欠品・出荷調整で医薬品の調達が難しい中、卸の土曜日配送中止が追い打ちをかける。今後、東京都、神奈川県、埼玉県の薬剤師会とも協力し、調査範囲を拡大する予定で、調査結果をもとに土曜日配送の継続を国に要望していく構えだ。

6月に千葉県薬の会員薬局に対し、医薬品卸から土曜日配送の中止が通告されたことを受け、7月11~15日にFAXとオンラインで「」を実施。FAX479件とオンラインフォーム356件の計835件の回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】多剤服用事業で中間報告-職種間の情報共有課題に
  • 【内閣府】調剤外部委託に特区制度案-日薬などは反対姿勢示す
  • 【機器・体診部会】同時検査キットをOTC化-コロナ、インフル流行対応
  • 【要指導・一般薬部会】要指導薬で初の抗肥満薬-大正のダイレクトOTC
  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も