医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > L-メントール、高強度ランニング運動の息苦しさ緩和で運動持続時間を延長-東北大

L-メントール、高強度ランニング運動の息苦しさ緩和で運動持続時間を延長-東北大

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月29日 AM10:24

暑くない環境下/エリートランナー、L-メントールが運動能力改善に役立つかを実験的に検証

東北大学は9月28日、高強度ランニング運動におけるL-メントールの飲用が運動中の息苦しさを緩和し、持久運動能力を伸ばすことを初めて実験的に明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医工学研究科の永富教授、堤佳子大学院生、門間陽樹大学院生、海老原覚大学院生らの研究グループによるもの。研究成果は、「European Journal of Sport Science」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

暑熱環境下の持久運動中にL-メントール溶液を摂取すると、暑さによる不快感が軽減して運動能力が伸びることが報告されている。また、L-メントールの香りを鼻で嗅ぐと、軽い運動にともなう息苦しさが緩和することも報告されている。L-メントール溶液を飲んだり塗ったりすると冷たさを感じるが、これは実際に温度が下がったのではなく、L-メントールが冷たさを感じる神経を刺激することにより、冷感が生じているものだ。

今回、研究グループは、暑くない環境下で、かつ競技レベルのランナー(エリートランナー)に対して、L-メントールの刺激が運動能力の改善に役立つかを実験的に検討。エリートランナーを対象に高強度ランニング(最大心拍数の90%前後の速度一定のトレッドミルランニング)テストを行い、ランニング中の息苦しさと疲労困憊に至るまでの時間(持久運動能力)を、L-メントール溶液摂取の有無の違いで比較した。ランニングテスト前後には長い筒状のパイプ(吸気抵抗)を介して呼吸したときの吸気抵抗閾値を測定するとともに、呼吸困難感のテストも行った。

呼吸困難感の緩和が持久運動能力を延長

研究の結果、高強度ランニング中のL-メントール溶液の摂取は水の飲用に比べて運動中の息苦しさを緩和し、持久運動能力を伸ばした。

また、疲労困憊後は、水の飲用のみでは筒状の吸気抵抗を介して呼吸すると苦しさ(呼吸困難感)を示したのに対して、L-メントールを摂取しておくと苦しさを感じなくなることが示された。運動中の心拍数はL-メントールの有無で違いはなく、呼吸困難感の緩和が持久運動能力を延長させたと考えられた。

リハビリや運動療法への受容性を高めることに期待

今回の研究により、L-メントール溶液が高強度持久運動中の息苦しさを緩和し、持久運動能力を伸ばしたことにより、L-メントール冷感作用が暑熱対策だけでなく、運動能力の発揮に有用であることが示された。L-メントールは通常の食品に含まれる量や濃度の範囲であること、また呼吸循環器系に特別なアドバンテージを与えているものではないため、ドーピングには相当しない。また、ランニングなどの持久運動習慣のない方や疾病を持っている方でも、運動による息苦しさの緩和を通じて運動に対する心理的な抵抗感の緩和により、リハビリテーションや運動療法に対する受容性を高めることが期待される、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • EGFR発現上皮系がんを新規ペプチド阻害剤によって抑制、新たな治療薬に期待-北大
  • COVID-19急性期治療、漢方薬で発熱緩和・重症化抑制の可能性-東北大ほか
  • 肥満症や糖尿病患者が感染症で重症化しやすいメカニズムを解明-群馬大ほか
  • COVID-19、重症化予測・予防にD-アミノ酸が有用な可能性-NIBIOHNほか
  • 妊婦と2歳以下の子の母親のコロナワクチン接種意向の調査結果-成育医療センターほか