医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す

【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す

読了時間:約 1分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月28日 AM10:20

日本薬剤師会の有澤賢二理事は18日、熊本市内で開かれた九州山口薬学大会のシンポジウムで講演し、2022年度調剤報酬改定を踏まえ、今後の方向性などについて解説した。4月から始まったリフィル処方箋については、「薬局から患者に出すよう言う必要は決してない」と強調。「推奨するのではなく、丁寧な説明によって普及に努めてほしい」と要請した。

有澤氏

リフィル処方箋について、有澤氏は「リフィル処方箋は、その影響調査や検証を行うと共に、適切な運用や活用策について引き続き検討することとされている。今回、診療報酬改定でリフィル処方箋の導入ではマイナス0.1%の評価として、(技術料の)本体改定率0.23%の引き上げがあったと推察される。その財源効果がなければ、さらに厳しい追及を受ける」との見方を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案
  • 【厚労省】ゾコーバが初の緊急承認-コロナ治療の新たな選択肢
  • 【千葉県薬】卸の土曜配送中止に困惑-「治療が遅れる」など弊害も