医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 新型コロナワクチン、1・2回目ファイザー+3回目モデルナ接種で効果増強の可能性-東大

新型コロナワクチン、1・2回目ファイザー+3回目モデルナ接種で効果増強の可能性-東大

読了時間:約 2分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月21日 AM10:19

「3回目はモデルナ」と「3回目もファイザー」を比較

東京大学は9月18日、ワクチン接種記録システム(:Vaccination Record System)および新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(:Health Center Real-time information-sharing System on )のデータを用いて、一次接種とブースター接種のワクチンの組み合わせの違いによる新型コロナウイルス感染予防効果の違いについて調査し、ファイザー社製ワクチンによる一次接種完了者では、3回目のブースター接種でモデルナ社製ワクチンを使用した場合、ファイザー社製ワクチンを使用した場合と比較して、より新型コロナウイルスの感染のリスクが低くなることがわかったと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科の大野幸子特任講師、道端伸明特任助教、康永秀生教授、東京大学大学院情報学環上村鋼平准教授らの研究グループによるもの。研究成果は「Clinical Infectious Diseases」のオンライン版に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

新型コロナウイルス感染流行の長期化に伴い、ワクチン一次接種完了者に対するブースター接種が各国で行われている。3回目のブースター接種は新型コロナウイルス感染予防に有効であることが知られており、一次接種とブースター接種のワクチンの組み合わせによって効果が異なる可能性が示唆されていた。

既存の研究では、ワクチンの組み合わせ別に抗体価の比較は行われたものの、実際の感染予防効果は確認されていなかった。また、先日イギリスで行われた大規模研究では、一次接種とブースター接種のさまざまな組み合わせでブースター未接種と有効性を比較していたが、異なる組み合わせのブースター接種間でその有効性を直接比較した研究はこれまで存在しなかった。

そこで研究グループは、ファイザー社製ワクチンによる一次接種完了者を対象に、異なるワクチンのブースター接種を直接比較し、それぞれの新型コロナウイルス感染予防効果を分析した。

ファイザーのワクチン2回接種完了者約15万人を追跡

山口県下関市のVRS、HER-SYSに記録されたデータを用いて解析した。VRSで2021年11月22日までにファイザー社製ワクチンを用いた一次接種を完了した16歳以上の15万4,925人を同定し、2022年4月15日まで追跡した。

観察期間終了時におけるファイザー社製ワクチンによるブースター接種、モデルナ社製ワクチンによるブースター接種、ブースター接種なしの対象者の人数はそれぞれ、6万2,586人(40.4%)、5万1,490人(33.2%)、および4万849人(26.4%)だった。各グループの年齢中央値は、それぞれ69歳、71歳、47歳だった。コロナ感染者の割合(%)は、ファイザー社製ワクチンによるブースター接種群が1.4%、モデルナ社製ワクチンによるブースター接種群が0.7%、ブースター接種なし群が4.9%だった。

ファイザーを基準にした、モデルナの推定ハザード比0.62

年齢を、16~44歳、45~64歳、65~84歳、≧85歳のカテゴリに分類し、年齢、性別、2回目接種からの日数を調整した年齢層別コックス回帰、およびランダム効果メタ解析による推定ハザード比の統合を行った。その際、ブースターワクチン接種は時間依存性変数として扱った。ファイザー社製ブースター接種を基準とした統合ハザード比は、ブースター接種なしが1.72、モデルナ社製ブースター接種が0.62だった。モデルナ社製ブースター接種の感染予防効果は、年齢カテゴリ間で同様の傾向だった。

個人がワクチン接種の意思決定を下す際の一助に

今回の研究で、ファイザー社製ワクチンによる一次接種完了者において、モデルナ社製ブースターワクチン接種をしたグループの方が、ファイザー社製のブースターワクチン接種を行ったグループと比較して新型コロナウイルス感染のリスクが低いことが示された。「研究結果は、未だ不明な点が多いワクチンの組み合わせとその有効性について新たな知見を与え、個人の意思決定やワクチン確保・流通の政策立案に寄与すると考えられる」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新型コロナウイルスが血管内皮バリアを破壊し血管に侵入する仕組みを解明-CiRAほか
  • ヒトゲノムの大きなバリアント「構造多型」を日本人一般集団で解析・公開-ToMMo
  • がん免疫チェックポイント阻害薬、短期的には血圧を上昇させないと証明-横浜市大ほか
  • 遺伝性運動感覚ニューロパチーⅡ型、原因遺伝子産物の機能を解明-東京医歯大ほか
  • 複数の出血熱ウイルスに対して強力な抗ウイルス活性を示す化合物を同定-北大ほか