医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】オミクロンワクチン特例承認-ファイザーとモデルナ製

【厚労省】オミクロンワクチン特例承認-ファイザーとモデルナ製

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月16日 AM10:35

厚生労働省は12日、新型コロナウイルスワクチンであるファイザーの「コミナティRTU筋注」とモデルナの「スパイクバックス筋注」(共に一般名:コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン)について、オミクロン株BA1系統に対応した効能・効果、用法・用量を追加する製造販売承認事項の一部変更を特例承認した。

第7波の感染拡大では、オミクロン株が主流となっていることを踏まえ、両社は従来株にのみ対応した1価ワクチンに位置づけられていた両品目について、8月にオミクロン株のBA1系統対応2価ワクチンとするための一部変更承認申請を行っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安定確保薬で調査-カテゴリーB・C成分
  • 【安全対策部会】パルモディア添文改訂了承-高度腎障害を「慎重投与」に
  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見