医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 低テストステロン血症の男性は、コロナ罹患後の入院リスクが高い可能性-米研究

低テストステロン血症の男性は、コロナ罹患後の入院リスクが高い可能性-米研究

読了時間:約 3分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月15日 PM02:30

テストステロンの低い男性はCOVID-19が重症化しやすい

)の値が低い男性は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患時に重症化しやすいことが、米セントルイス大学のSandeep Dhindsa氏らの研究から示された。同氏らは、「テストステロン値が低い男性に対するホルモン補充療法によって、COVID-19重症化リスクを下げられる可能性があるが、実際に行うか否かは副作用との兼ね合いを考慮する必要がある」と述べている。研究の詳細は、「JAMA Network Open」に9月2日掲載された。


画像提供HealthDay

この研究は、新型コロナウイルス検査で陽性が確認された700人以上の男性を対象に行われた。症例の大半はCOVID-19に対するワクチンが利用可能になる前に登録されていた。対象者の中で低テストステロン血症の男性は、COVID-19発症後に入院を要する確率が2.4倍高かった。しかし、ウイルス感染前に低テストステロン血症に対する治療を受けていた男性の入院リスクは、対照群と同等だった。Dhindsa氏は大学発のリリースの中で、「低テストステロン血症は非常に多く、30歳以上の男性の最大3分の1が該当する可能性がある。われわれの研究結果は、低テストステロン血症をCOVID-19重症化の重要なリスク因子として位置付け、対処する必要があることを示している」と語っている。

この研究結果が報告される以前にも、男性のCOVID-19入院患者のテストステロンは低い傾向のあることが報告されていた。しかし、それがCOVID-19重症化の原因なのか、結果なのかは不明だった。そこでDhindsa氏らは、COVID-19罹患前からテストステロン値を経時的に追跡可能な男性を対象とする研究を行った。

セントルイスにある2カ所の医療機関で、2017~2021年にテストステロンが測定されていて、かつCOVID-19に罹患した723人の男性を特定。平均年齢は55±14歳、BMI33.5±7.3で、116人が低テストステロン血症の状態でCOVID-19に罹患、180人はホルモン補充療法を受けている状態で罹患、他の427人はテストステロン値が基準範囲内で罹患していた。

低テストステロン血症の男性はCOVID-19治療のために入院を要した割合が、テストステロン正常の男性より有意に高かった〔116人中52人(45%)対427人中53人(12%)、P<0.001〕。入院リスクに影響を及ぼし得る因子(年齢やBMI、基礎疾患など)を調整後のオッズ比は2.4(95%信頼区間1.4~4.4)であり、有意差が認められた。一方、ホルモン補充療法を受けていた男性の入院のオッズ比は1.3(同0.7~2.3)となり、テストステロン正常の男性と有意差がなかった。ただし、ホルモン補充療法を受けていた男性を、治療によりテストステロン値が基準範囲内に上昇していた人とそうでない人の2群に分けて比較すると、後者の群は入院のオッズ比が3.5(1.5~8.6)と有意に高かった。

この結果をDhindsa氏は、「低テストステロン血症はCOVID-19による入院のリスク因子であることが判明し、低テストステロンに対する治療はCOVID-19入院リスクの低さと関連があった。テストステロンの基準値は300~1,000ng/dLとされることが多く、200ng/dLを切ると入院リスクが確実に上昇するようだ」とまとめている。ただ、この研究は、低テストステロン血症が、糖尿病や心臓病、慢性肺疾患などと並び、COVID-19重症化の独立したリスク因子であることを示唆しているが、COVID-19の重症化予防のためにホルモン補充療法が有用との判断はできず、その判断には別の臨床試験が必要。

低テストステロン血症では、性機能障害、気分の落ち込み、イライラ、疲労、集中力や記憶力・筋力の低下などが現れることがあるが、無症状のことも少なくない。一般に、低テストステロン血症によるこのような症状が見られる場合に限って、ホルモン補充療法が考慮される。ホルモン補充療法は、前立腺がんや心臓病のリスクを高める可能性があるためだ。

Dhindsa氏は「われわれの研究結果に基づけば、ホルモン補充療法の潜在的なメリットの一つとして、COVID-19重症化予防を新たに加えることができるだろう。しかしその有効性が臨床試験で確認されるまでは、低テストステロン血症による症状のある男性に対する治療の必要性や方法を、個別に検討し判断するという態度が賢明ではないか」と述べている。また、「心血管イベントリスクが特に高い人の場合、ホルモン補充療法の長所と短所について医師に相談することが重要」と話している。(HealthDay News 2022年9月5日)

▼外部リンク
Association of Male Hypogonadism With Risk of Hospitalization for COVID-19

HealthDay
Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Photo Credit: Adobe Stock
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 14種類のがん発症率が50歳未満で世界的に上昇傾向、スクリーニング数増の影響を上回る
  • 新型コロナ、「陽性判定後早期の生理食塩水による鼻洗浄」で重症化リスク低減の可能性
  • 10代の睡眠に、より悪影響なのは就寝前の「ネット動画」?それとも「テレビ」?
  • 一部の鎮痛薬が心不全リスクを高める可能性、該当する病気は?
  • 遠隔・オンライン診療の診断精度は、患者が高齢になるほど一致率が低下?