医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】オン資加算めぐり議論-原則義務化で必要性検討

【中医協総会】オン資加算めぐり議論-原則義務化で必要性検討

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月05日 AM10:50

中央社会保険医療協議会は3日の総会で、2023年4月にオンライン資格確認等システムの導入が原則義務化となるのを受け、オン資を通じて患者情報等を活用した場合に診療報酬で評価される「」の取り扱いについて議論した。診療側は「患者情報を活用することで医療の質向上につながる」とし、引き続き診療報酬で評価することを要望。一方、支払側は「患者側にメリットがなければ加算は負担増につながる。負担をするに当たって患者がメリットを理解できる説明が必要」と加算の必要性を改めて検討するよう求めた。

オン資は「」で2023年4月に導入を原則義務づけることとなっている。4月の診療報酬改定では、薬局でオン資を通じて患者の薬剤情報または特定健診情報等を取得し、その情報を活用して調剤等を実施した場合に、調剤管理料電子的保健医療情報活用加算として3点を算定できるようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ