医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労研究報告書】約9割が24時間対応体制-地域連携薬局で充実傾向

【厚労研究報告書】約9割が24時間対応体制-地域連携薬局で充実傾向

読了時間:約 2分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月03日 AM10:25

地域連携薬局のうち、自薬局で24時間対応体制を持つ薬局が約9割に達していることが、厚生労働科学特別研究事業「新型コロナウイルス感染症関連対策における地域連携薬局等の活用のための研究」(研究代表者:名城大学薬学部長谷川洋一教授)の報告書で明らかになった。地域連携薬局以外の薬局で6割弱であるのに比べると充実した体制を持っており、在宅業務や薬局以外の機関との連携でも対応していた。

調査は、認定薬局がどのような役割・機能を果たしているかを把握するため、認定薬局の機能や医療機関等の連携状況、その他の薬局との機能的な違いについて実態調査を行ったもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ