医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】アセトアミノフェンで要請-「必要量だけ購入を」

【厚労省】アセトアミノフェンで要請-「必要量だけ購入を」

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月03日 AM10:30

厚生労働省は7月29日付の事務連絡で、新型コロナウイルスの感染拡大による需要急増を踏まえ、解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェン製剤の買い込みを控えるよう医療機関、薬局、医薬品卸売販売業者に求めた。代替薬として、イブプロフェンやロキソプロフェンの使用も考慮するよう求めている。

解熱と鎮痛を効能・効果とするアセトアミノフェンは0歳から使用可能で、他の解熱鎮痛剤の使用が急性脳症に発症に関連するため、小児向けの解熱鎮痛剤に配合されている成分の多くを同成分が占めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ