医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > BA.4とBA.5オミクロン株を標的とするワクチン、利用可能となる時期の見込みは?

BA.4とBA.5オミクロン株を標的とするワクチン、利用可能となる時期の見込みは?

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年07月11日 PM02:00

FDAがBA.4とBA.5オミクロン株を標的とするワクチン製造を要求

米食品医薬品局()は6月30日、(COVID-19)ワクチンの製造メーカーに対し、オミクロン株のBA.4およびBA.5系統を標的に加えた新たなブースター接種用のワクチンの製造を求める声明を発表した。感染力の強いBA.4とBA.5は現在、米国の新規感染例の半数以上を占めている。


画像提供HealthDay

FDAのこの声明は、6月28日に開かれたCOVID-19ワクチンに関する独立諮問委員会での討論を受けて発表された。同委員会では、2022年の秋から開始されるブースター接種用のワクチンにオミクロン株の要素を含めることに対し、大多数の委員が賛同の意を示したという。FDAは、この投票結果と、現在入手可能な最良の科学的エビデンスを踏まえた上で、ワクチンの製造メーカーに、現在のワクチンにBA.4およびBA.5のスパイクタンパク質の要素を加えたワクチンを開発するよう求めたと説明している。

ただし、FDAはプライマリーシリーズ用のワクチンの変更は求めていない。FDAはその理由を、FDAが認可したプライマリーシリーズのワクチン接種は、市中に循環している新型コロナウイルス変異株への感染による重症化を防ぐための土台となるものだからだと説明している。

FDA生物製剤評価研究センター(CBER)のPeter Marks氏は、「秋から冬にかけてCOVID-19の重症化を防ぐには、現在流行している株や新たに出現する変異株を防御できる、安全かつ有効なブースター接種用のワクチンを用意することが重要だ。各ワクチンメーカーはすでに、オミクロン株BA.1系統を標的とした改良ワクチンの臨床試験データを報告している。われわれは、BA.4およびBA.5系統にも有効なワクチンの承認に向けて、これらのデータを事前にFDAに提出するよう助言した。それと同時に、改良ワクチンの臨床試験の開始も求める予定だ。このデータは、今後パンデミックがさらに進展した際に有用となるはずだ」と述べている。

ニューヨークタイムズ紙は、ファイザー社とモデルナ社では、再設計したワクチンの製造をこの夏にも開始することが予想されると報じている。専門家パネル会議でファイザー社は、新しいワクチンは10月初旬に利用可能になる見込みだと述べている。一方、モデルナ社は、同様のワクチンが利用可能になるのは10月後半ないし11月初旬だとしている。再設計後のワクチンの製造には、両社とも約3カ月かかるという。(HealthDay News 2022年6月30日)

▼外部リンク
Coronavirus (COVID-19) Update: FDA Recommends Inclusion of Omicron BA.4/5 Component for COVID-19 Vaccine Booster Doses

HealthDay
Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
★★credit★★
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • コロナ禍で「保健当局者への強迫行為」を正当視する人が増加?米調査
  • 切手サイズの超音波パッチで、最長48時間にわたる内臓の超音波画像取得に成功
  • 新型コロナ罹患後の重症化リスクに、意外な生活環境が絡んでいる可能性?-米報告
  • 「超加工食品」の食べ過ぎが認知症リスクを高める可能性?UKバイオバンクデータ解析で
  • オミクロン株感染、ワクチン追加接種後でも「高血圧」が有意な入院リスク因子-米報告