医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【文科省小委員会が素案】薬学部新設、定員増を抑制-制度化に向け告示改正へ

【文科省小委員会が素案】薬学部新設、定員増を抑制-制度化に向け告示改正へ

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年07月06日 AM10:20


■文科省小委員会が素案

文部科学省の薬学部教育の質保証専門小委員会が6月30日に開かれ、薬学部の新設や定員増を抑制する方針の制度化などを盛り込んだ「6年制課程における薬学部教育の質保証に関する取りまとめ」の素案が示された。2021年末の中間取りまとめでは、入学定員抑制に対する具体的施策に言及はなかったが、軌道修正した。地域ごとの薬剤師偏在問題を踏まえ、人材確保が必要な場合は例外とした。文科省は、今月下旬にも取りまとめて親会議の「薬学系人材養成のあり方に関する検討会」に報告し、関係告示を改正して制度化に向けた必要な準備を進める考え。

素案では、入学定員充足率の低い大学が多数存在すること、将来的に薬剤師過剰が予測されていることなどを踏まえ、入学定員のあり方に関する考え方を見直すべきと明記した。大学が薬学部・学科の新設と定員増を自由に申請でき、関連法令に適合すれば認可する原則を改め、抑制する方針を速やかに制度化すべきとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ