医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で

【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で

読了時間:約 1分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月24日 AM11:40

厚生労働省は22日、医療給付の受給者に関する調剤行為の内容などをまとめた2021年「社会医療診療行為別統計」の結果を公表した。薬局調剤では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた前年から、集計対象のレセプト件数が13.5%と大幅に増加。後発品の種類数の割合も、総数で77.8%と前年から2.2ポイント増加した。

調査は、2021年6月審査分として審査決定された医療保険制度の診療報酬明細書と調剤報酬明細書のうち、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)に蓄積されている全数集計を対象としたもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省検討会】薬学部新設抑制案を了承-中教審など経て告示改正へ
  • 抗原キットのOTC化了承-「第1類」で薬剤師が説明
  • 【日本褥瘡学会】褥瘡領域で専門薬剤師制度-24年度に初の認定試験実施
  • 加藤氏が厚労相に再登板-抗原キットOTC化検討
  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ