医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬連調査】限定出荷対応は約4割-ほとんどが「他社品の影響」

【日薬連調査】限定出荷対応は約4割-ほとんどが「他社品の影響」

読了時間:約 59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月22日 AM10:25


■日薬連調査

日本製薬団体連合会は、後発品を中心に起きている供給不足問題の現状を把握するために行った5月中旬時点の約3000品目の「医薬品の供給状況にかかる調査」の結果をまとめ、17日に日薬連ホームページで公表した。その結果、100%以上の出荷量通常品目は2245品目あったが、その中で限定出荷対応しているのは997品目と44%に上った。限定出荷の9割弱に当たる866品目が「他社品の影響」としており、解除しても自社の通常の出荷量では受注をさばききれず、限定出荷扱いにしている状況が示唆された。

調査は、製薬企業から医薬品卸に対する販売状況をまとめたもの。製造販売企業129社、390成分、3080品目(一部重複あり)の状況をPDFファイルとエクセルファイルにまとめ、検索と集計をしやすくした。一部品目では今後の見通しも記載してある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で