医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 「悪夢」を見る頻度がパーキンソン病リスクと関連?-高齢男性約4,000人の解析から

「悪夢」を見る頻度がパーキンソン病リスクと関連?-高齢男性約4,000人の解析から

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月20日 PM03:30

高齢者の悪夢はパーキンソン病発症のサイン?

悪夢は誰にとっても不安なものだが、高齢者の悪夢はパーキンソン病(PD)発症のサインである可能性のあることが、「eClinicalMedicine」に6月8日掲載された論文で報告された。論文の著者である英バーミンガム大学ヒト脳健康センター(CHBH)のAbidemi Otaiku氏は、「この研究は、夢から脳の構造や機能に関する重要な情報を得られることを示すものだ。夢が神経科学における重要な研究分野となる可能性がある」と話している。


画像提供HealthDay

過去の研究では、PD患者は一般の人に比べて、悪夢を見る頻度の高いことが報告されている。しかし、PD発症リスクの指標として悪夢を用いることについては、これまで検討されていなかった。

今回の研究では、米国で実施されたコホート研究(Osteoporotic Fracture in Men Study)に参加した3,818人の高齢男性(平均年齢77.0歳)のデータが分析された。これらの男性は、研究開始時に睡眠に関する詳細を含めた幅広い情報を提供しており、368人(9.6%)が頻繁に(週に1回以上)悪夢を見ることを報告していた。

12年間(中央値7.3年)にわたる追跡期間中に91人(2.4%)がPDを発症した。ロジスティック回帰モデルを用いた解析の結果、研究開始時に悪夢を頻繁に見ると報告していた男性でのPDの発症リスクは、悪夢を頻繁に見ていなかった男性の2倍であることが明らかになった(オッズ比2.01、95%信頼区間1.1〜3.6、P=0.02)。

追跡期間を研究開始後5年間とそれ以降の2期に分けて解析すると、研究開始後5年間に悪夢を頻繁に見ていた男性でのPDの発症リスクは、頻繁に悪夢を見ていなかった男性の3倍以上であった(同3.38、1.3〜8.7、P=0.01)。しかし、それ以降の7年間では、頻繁な悪夢とPD発症との間に有意な関連は認められなかった。

こうした結果からOtaiku氏は、「高齢者では、、硬直、動作緩慢などの典型的なPDの症状が現れる数年前から悪夢を頻繁に見るようになることが示唆される」と報告している。

Otaiku氏は、「PDは早期に診断できるに越したことはないが、リスク指標となるものが非常に少ない。リスク指標とされているものでも、その多くは検査に高額な費用がかかるか、あるいは糖尿病のようにごくありふれた非特異的なものである」と説明する。その上で、「さらに研究を重ねて悪夢の意味を明らかにすることにより、高齢になって明確な誘因もなく夢に変化が現れた人は、医師の診察を受けるべきであることが示される可能性もある」と付け加えている。

同大学の研究グループは、今後はさらに大規模かつ多様な集団を対象にこの知見を確認し、アルツハイマー病などの他の神経変性疾患と夢との関連についても検討する予定だとしている。(HealthDay News 2022年6月8日)

▼外部リンク
Distressing dreams and risk of Parkinson’s disease: A population-based cohort study

HealthDay
Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Photo Credit: Adobe Stock
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • スマートウォッチが発症前または無症状のCOVID-19検出ツールに?欧州の研究
  • 人間の皮膚で暮らす「ニキビダニ」が絶滅危機に?ゲノムシーケンシングでわかったこと
  • ファイザー/モデルナ製のコロナワクチン、生後6か月以上の小児への接種をFDAが許可
  • 糖尿病が「long COVID」リスクを最大4倍程度押し上げる可能性-米ADA2022で発表
  • ビールやノンアルコールビールが、男性の「腸内細菌」に与える意外な影響