医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価研】安定確保薬の措置拡充を-薬価算定ルール改善必要

【薬価研】安定確保薬の措置拡充を-薬価算定ルール改善必要

読了時間:約 2分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月13日 AM10:10

日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会(薬価研)は10日、2022年度薬価改定の分析結果を発表した。長期収載品を含め医薬品の安定供給に支障が出かねない薬価算定ルールがあり、安定確保医薬品における薬価上の措置の拡充などの改善策の検討が必要と指摘した。

後発品を中心とする供給不安については「後発品への信頼が失墜する中、まずは業界として後発品の品質と安定供給の確保に向け最大限の取り組みを実行し、後発品の信頼回復を図っていく必要がある」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【機器・体診部会】同時検査キットをOTC化-コロナ、インフル流行対応
  • 【要指導・一般薬部会】要指導薬で初の抗肥満薬-大正のダイレクトOTC
  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案