医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 超小型広視野角監視カメラBirdViewを開発、ロボット支援手術の安全性向上-愛媛大ほか

超小型広視野角監視カメラBirdViewを開発、ロボット支援手術の安全性向上-愛媛大ほか

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月01日 AM11:15

拡大視効果を得ることで生じる死角を、俯瞰するように監視

愛媛大学は5月31日、超小型広視野角監視カメラBirdView(バードビュー)の開発に成功したと発表した。この研究は、同大医学部附属病院消化器腫瘍外科の惠木浩之准教授ら、シャープ株式会社、株式会社コスミックエムイーの研究グループによるもの。研究成果は、「Surgical Endoscopy」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

近年ロボット支援手術の保険適用拡大が進み、各疾患領域において、ロボット支援手術症例数が増加している。ロボット支援手術には、3次元映像・多自由度鉗子による操作性向上・手振れ防止機能などの長所がある一方で、触覚の欠如という短所がある。この短所は非常に危険な状況を生む可能性があり、実際に術中の臓器損傷を原因とする合併症が生じたという報告が散見される。そのため執刀医となる外科医は制限される傾向にあり、外科学発展の律速になっている面もある。そこで惠木准教授らは、拡大視効果を得ることで生じる死角を俯瞰するように監視できる、腹壁固定型のカメラBirdViewを開発した。

ロボット支援手術のP1試験実施中、愛媛大学医学部附属病院で

研究グループは、実際にトロッカーから挿入できるサイズへの小型化、牽引力に対する耐久性、熱損傷、ハレーションのコントロール等、さまざまな検証についてブタを用いた動物実験で繰り返し実施。2017年には、ヒトを対象とした第1相試験「腹腔鏡補助下大腸切除術施行時における、超小型広視野カメラシステムの安全性および有用性に関する臨床研究」を行い、安全性の確認を行った。

現在、腹腔鏡下手術における第1相臨床試験が終了し、愛媛大学医学部附属病院でロボット支援手術における第1相臨床試験を行っている。また、消化器外科領域にとどまらず、泌尿器科・産婦人科・呼吸器外科・耳鼻咽喉科で同様の臨床試験を計画。愛媛大学から、安全なロボット支援手術を全国あるいは世界に届けることができると期待しているとしている。

薬事認証を受け、市販の準備中

BirdViewは3月31日に薬事認証を受けた。同大での臨床試験を経て、株式会社メディカルリーダースを販売企業とし、全国に向けて市販する準備を進めている。

安全なロボット支援手術の施行サポートだけでなく、執刀医の制限緩和にも期待

研究グループは、BirdViewについて、「安全なロボット支援手術の施行をサポートするだけでなく、執刀医の制限を緩和することを可能とするデバイスになりうると考える。愛媛大学から、安全なロボット支援手術の確立に大きく貢献できると考えている」と述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 内視鏡腎結石治療、人工知能搭載ロボットで治療成績改善の可能性-名古屋市立大ほか
  • 食道がん、術前放射線治療による局所制御を高精度に予測するAIシステムを開発-広島大
  • 超小型広視野角監視カメラBirdViewを開発、ロボット支援手術の安全性向上-愛媛大ほか
  • 「温めて塗る」だけで術後癒着を予防可能な医療用接着剤を開発-NIMS
  • 骨に匹敵する柔らかさを有する新規生体用金属材料の開発に成功-東北大ほか