医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請

【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年05月25日 AM10:15

欧州や北米でヒトのサル痘の感染例や疑い例が相次いで報告されている。23日時点で国内の発生事例は報告されていないが、厚生労働省はアフリカ大陸以外の複数の国で渡航歴のない感染者が発生していることから、日本での輸入例発生に警戒している。20日にはサル痘を疑う症状を呈する患者を診察した場合には、最寄りの保健所に相談するよう求める事務連絡を都道府県や関係団体に発出した。今後、積極的疫学調査や検体採取方法などを示す考え。

サル痘は、オルソポックスウイルス属のサル痘ウイルスによる感染症。主にアフリカに生息するリスなどのげっ歯類やサル・ウサギなどウイルスを保有する動物との接触でヒトに感染する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】薬剤師資格証8.4万枚へ-2022年度末までに体制
  • 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も
  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ