医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【参院本会議】薬機法改正案が審議入り-岸田首相「ラグ拡大せず」

【参院本会議】薬機法改正案が審議入り-岸田首相「ラグ拡大せず」

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年04月27日 AM10:15

緊急時の薬事承認、電子処方箋の運用開始に向けた整備などを盛り込んだ医薬品医療機器等法の改正案が22日、参議院本会議で審議入りした。審議では海外承認済み医薬品の国内承認が遅れるドラッグラグの現状について論戦が繰り広げられ、岸田文雄首相は現状について「必ずしも拡大しているとは言えない」との認識を示した。日本と米国の申請時期にズレが生じている“開発ラグ”が年度によってバラつきがあるためとした。

足立信也議員(国民民主党)に対する答弁。ドラッグラグの問題について、足立氏は「ラグがもとに戻りつつあると現場から言われている」と指摘。開発ラグが長期化している背景として、「新薬創出等加算を自公政権で縮小し、特に2018年度以降は革新性と有用性に着目して対象品目を大幅に削減したからだ」と迫った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築
  • 【参議院本会議】経済安保推進法が成立-医薬品を特定重要物資に
  • 【厚労省】研究用キット販売自粛を-都道府県に注意喚起